Amazon出荷パフォーマンス低下を防ぐ方法

以下2点はアマゾンはすごく嫌います。
遅延が続くとアカウントが止まります。(一時停止リスクが発生します。)

・配送が遅い。
・到着が遅い

この記事は、配送に関する、「アカウント健全性」危険度を解説してます。

結論から言うと、発送から4時間以内が目安です。
詳しくは記事をご覧ください。3分ほどで読めます。

Amazonが設けてる出荷パフォーマンスの指標がこちらです。

・追跡可能率(目標値:95%超)
・お届け予定日の配達率(目標:97%超)

このように指標を設定してます。

アマゾンでは、注文商品が配送から到着まで、期限内を重要してますので、出荷が遅いとか到着が遅くなるとかに関して厳しくチェックします。

その問題を「出荷遅延」としてます。

出荷遅延率(目標値4%未満)を言われる指標です。

パフォーマンスが低下させ出品用アカウントの不要な混乱を避けさせパフォーマンス向上を出品者へ認識させます。

輸入をしていると出荷遅延は現地時間日本時間のタイムラグの関係で、頻繁におきます。

私も何度も経験をしてます。

それでは、出荷遅延にならにようにするためにはどうしたらいいでしょうか?

出荷遅延回避方法

出荷予定日に、

・追跡番号
・配送方法
・配送業者

上記3点を正確に入力する。

目標値を下回らないようにできます。

・追跡可能率(目標値:95%超)
・お届け予定日の配達率(目標:97%超)

出荷パフォーマンスは、非常に大事です。

(重要)

4時間以内がキーワード

ご存知でしょうか?規約に定められています。

例えば、
・FedExで現地転送会社が、発送通知を流す。
・現地時間PM2:30に発送されている。
・日本時間では夜中、2:30の場合だとすると
・PM2:30から4時間以内はPM6:30までの間
・しかし、日本時間時差のため、夜中AM6:30

国内販売の場合は、12:00に追跡番号は反映されれば、16:00までに、

・追跡番号
・配送方法
・配送業者

上記3点を入力。

これで問題なしなんです。

ただ、闇雲に、期限内(出荷予定日)に追跡番号と配送方法、配送業者を正確に入力したところで、「追跡可能率」
「お届け予定日の配達率」が低下されてしまうので注意が必要です。

商品発送後、追跡番号反映から4時間以内に発送通知を流せば、規約では「追跡可能率」に反映されるのですが、輸入の場合、転送業者が、発送通知を出す場合、時差の影響で現地時間、日本時間の差がどうしても発送連絡(転送業者発)が4時間以上あるため、「追跡可能率」がかなり低下しまくってます。

再度言います。「4時間以内」とは、規約に定められてます。

輸入されている方の中”で、この「追跡可能率」が低下し続けるケースが増えてます。

追跡番号反映から、
どう対処していけば良いのか?

目標値を超える方法が非常に大事です。

輸入の場合、どう考えても海外現地時間と日本時間のタイムラグはあります。
タイムラグは、4時間以上経過をすることになります。
そのため、「追跡可能率」が低下していきます。

方法として、

①転送業者には、発送通知をなるべく早めに出すようには伝える。
②できるだけ在庫を持つ
③国内配送伝票でしのぐ。
④あきらめる
⑤日本国内配送方法に切り替える。

この5点にヒントがあります

・輸入の場合、追跡可能率が低下しやすい。
・輸出の場合、ほぼ問題なし。
・日本国内、ほぼ、問題なし。

問題は、輸入の場合にあるようです。
原因は、時差ですね。

私も規約4時間を知る前は、60%まで低下した時もありました。

かなり焦りましたけど、上記5の方法でパフォーマンス向上まで到達しました。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる