Amazonアカウント停止対策

こんにちは、松井です。

 

最近はアカウント停止に関することをよく聞きます。
停止する側にはちゃんとした理由があります。

 

アカウント停止する理由

 

これは、プラットフォームで商売をする以上、規約、規則等に違反してしまうと当然のことです。

 

Amazon(アマゾン)でもちらほら聞かれますし、
最近ではアマゾンで一斉調査で停止になった方も多いと思います。
(私もアカウント審査対象になったばかりでした。)

 

その際、商品販売停止や販売済みのお金も入ってこないので大変なことですよね。
(私は数百万円を30日間引き出せなくて大変でした。)

 

そこであらかじめ販路の特徴やルールなどを理解していれば回避できますのでその点しっかりと学んでいきましょう。

 

アカウント停止回避方法

 

今回はAmazon(アマゾン)でのアカウントリスク対策についてシェアいたします。

 

Amazon(アマゾン)ですが一般のユーザーが右肩上がりで増えておりかなり稼ぎやすい市場であることは実践されている方であればわかるかと思います。

 

そこでどういった場合に停止になりどんな対策を打てばいいのかということですが、

 

一番起こりうるアカウント停止の理由が

 

”短期間での大量出品によるスパム判定を受けることです。”

 

これに対する対策を取っておけばアカウントの安全性は大方大丈夫です。

 

Amazon(アマゾン)では、1人に大量に出品されるということは、

過去にアカウント削除などの経験者が再度新規アカウントを作って再販売することを特に避けることをしてます。

 

 

新規アカウント作成そのものは歓迎すべきですが、

一度アカウントを削除(停止ではなく)経験者は何かしらの事情があるわけですので、

Amazon側は警戒するんです。

 

 

なので一人で短期間で大量に出品することを避けているのです。

 

この情報は元Amazonテクニカルサポートの方がおっしゃってました。

 

あなたのアカント取得日はいつですか?

 

何を基準にしているかというとアカウント作成日がいつかを一つの基準いしています。

 

一度削除対象の方の再販をこのような対策をとっている感じです。

 

 

そしてこれに対する対策ですが、
まずは1日の出品数、短い時間での大量出品を避けること。

 

大量出品を避ける

目安としては今現在で多くても1日100出品までです。

50品程度であればかなり安全と言えるでしょう。

 

 

ただ100以上でもいけることもありますが
リスクが高くなりますのでその点も考えつつご検討ください。

 

 

また、かなり出品しているけど全然止まらない人がいたりして
一概に1日○○であれば止まらないとは言えないある意味運要素も含まれています。

 

 

新しいプラットフォームということもあり不安定ですが出品数、出品間隔について考えてみてください。

 

 

アカウントが停止になる際に警告は一切連絡はないので、
内容も明記せずスパム行為と並べて削除や停止の通知がきます。

 

 

ただ重複出品については
出品数に比べるとそこまで大きな要因ではないというのが私の見解です。

 

 

現状同じ商品が複数出品されたままでも大丈夫であることが多いので
余裕があれば程度でこまめに削除することをお勧めいたします。

 

 

アカウント停止にならないようにしガンガン販売していきましょう。

 

 

本日は以上です。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる