売れた商品が赤字になった時の対処法

物販ビジネスをする上で

この”赤字経験者”のマインドは?

 

と、たまに比較して考えるときがあります。

 

わたしの経験では突然、送られてくる、

『Amazonからの確定受注メール』

 

確定受注メールが送られてきた時は、
「嬉しい」と思う場合と、「一瞬何が売れたんだろう」と

思う時ってありますよね。

 

私は少なくとも
何が売れてもいいと思うのですが

結局、無在庫で出品していると、
売れても次に訪れて来るのが、

 

”仕入れ”です。

 

在庫がないために仕入れるわけです。

 

売れてから。

そこで赤字にならない仕入れをし、
黒で仕入れられる商品を探すことになります。

 

しかし、出品数が多いと、

よくあるのですが、、

在庫切れだったり、当時の相場と違っていたりと

その時の対処法をお伝えしましょう。

 

それはとてもシンプルです。

 

実は、赤字でも配送するんです。

 

どういうことかというと、
売れた段階で商品を仕入れるわけですから
商品の在庫がなかったり仕入れられても赤字にとなることもあるのです。

 

当然、わたしは
赤字でも仕入れて配送します。

 

え〜でも、赤字のまま配送するのでは、
ビジネスにはならないんんじゃないかと
普通によく聞かれるんです。

 

しかし赤字を躊躇する人は一品、一品赤字を気にします。

 

わたしのように出品数が数万点出品しているケースだと、
赤字も多少は経験します。

 

しかしその対象法は、年間で収支がみれるかに尽きるのです。

 

物販には赤字はつきものなので、一品一品の赤字を気にしていると

次に訪れてくるのはアカウント停止ですよ。

 

どういうことかと言いますと、

赤字の商品を配送しないとなるとセラーとして注文キャンセルをし、

その場しのぎをするようになります。

 

それを続けていくとやはりアカウントは何個あっても足りないわけです。

 

結局、売れている人は赤字は実はそう気にしないです。

 

気にするのは赤字ではなく”アカウント停止”なわけですよ。

 

お店が出店できないとなると赤字では済まされないのですよ。

 

売れていない人ほど”赤字”を気にする傾向にあります。

 

わたしは赤字より、アカウントが停止になるほうがはるかに厳しいですね。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる