物販ビジネスにおける外注化をシステム化する事で解決する方法

こんにちはSBBの松井です。

物販を行うと必ず訪れる悩みがあります。

わたしもそうなのですけれど、天井が見えてくることです。

つまりこのままず〜っと物販をやっても

利益の天井、作業の天井がはっきりわかってくることです。

どういうことかと言いますと、

自分で全てをこなす事は、ほぼ不可能なことであることに

ほぼ途中からですが、思えてくるのです。

時間は”有限”なので、その限られた時間内にやる作業量はほぼ、限界があります。

 

そこで外注化をシステム化する事で解決する方法があります。

 

外注化とは􏰁・・・

• 仕事􏰀一部また􏰁全部を外部に任せること

 

なぜ外注化するの?

• 物販を初めてしばらく経つとあることに気づく

• 毎日同じ作業を繰り返しているだけ

• 利益100万が限界􏰂

• 決まったリサーチ、出品、仕入れ、発送・・・

• そこに􏰁もう自分が成長する余地がない

• それって「お金􏰀ために働いてるだけ」

 

外注化をする事で

• 他􏰀ことをする時間を作るため

• 時給をあげるため

 

労働時間

ど􏰀ような仕事を外注化すべきか

 

• 自分が成長しない行動全

「行動」というよりも「作業」といえる行為

⇒自分􏰁「時給をあげる」行動に注力する

⇒つまり「学び」に投資する

 

物販ビジネスで外注化すべきも􏰀

• 物販ビジネス(転売)􏰀代表的な作業 リサーチ

 

この中で外注化するといいもの

商品登録

価格調整

発送指示

梱包・発送

クレーム処理

• この中からあなたにとって学びにならない作業を外注化

ではどれを外注化するといいのか?

全部です!

このような商品登録や梱包、配送などは

􏰀作業であり􏰁時間対抗が得られません。

 

「ツール」や「人」に任せる事です。

自分の成長に見合わないもの外注化する事で、
それが結局利益につながるスピードが変わってきます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる