ランディングページ(LP)の作成手順を公開!構成の決め方やツールまで丁寧に解説

ランディングページの作り方を紹介します。作成手順から注意点、ツールまでを丁寧に解説します。

ワンワン
ランディングページ(LP)の作り方について詳しく知りたいです。
マツケン
この記事を読めば、ランディングページ(LP)の作成手順やツールの事もわかります。

この記事を読めば、記事の作成方法を解決することができます。

わかりやすくご解説します。

実際、私はランディングページ(LP)で

月に200万円ほど稼いでいます。

私はお金を稼ぐためにLPの作成方法を一生懸命学んだのに、他に必要なスキルがあるとは言われませんでした。

このように感じている方は多いのではないでしょうか。

しかし、フェアなデザインのLPを作ることは可能です。しかし、次のようなことはできますか?

イラストレーターやフォトショップで画像を創り出す。
適切な顧客サービス(即時対応、電子メール、電話サポート、タイムリーな納品)
SEO対策
FTPで本番サーバーにファイルをアップロード
サイトの軽量化

デザインの勉強しかしてこなかった人は、「え??」と思うかもしれません。

LP制作に必要なすべての技術を習得する必要はありませんが、最低限の対応はできるようにしておきましょう。

こんな方におススメです。

ある程度LP制作のスキル勉強がほぼ完了し、これからLPを受注しようとする方。
LP案件の受注に不安を抱いている方
LP制作に必要なスキルを知りたい方

マツケン
WEBマーケティングの実績のある私がお答えします。

ランディングページの作り方! ステップからヒント、ツールまで

ランディングページの作り方にルールはありますか?

LP作成ツールの特徴とは?

ランディングページは、ポイントを押さえて作ったかどうかで成果が大きく異なります。

この記事では、WEB担当者やマーケティング担当者、そしてWEB初心者向けに、ランディングページがどのように作られるかを説明しています。

目次

ランディングページ(LP)って何?

ランディングページとは、商品の詳細ページやサービスの紹介ページなど、ユーザーをアクションに導くことを目的としたページのことです。

情報を1つのページにまとめることで、ページの魅力を強化し、資料請求や問い合わせなどのアクションを促します。契約を取りやすくすることで、ビジネスに貢献する重要なコンテンツです。

広義には、ユーザーがブラウザの検索結果やWEB広告を通じて最初に訪れるページを指しますが、ここでは広告に導かれた集客専用の1ページという意味で使われています。

ランディングページ(LP)作成フロー(流れ)

まずは、ランディングページの作り方を順を追って見ていきましょう。

目標の設定


ランディングページのデザインやコンテンツは、その「目的」によって異なります。

資料請求リクエスト
メルマガ購読
レポートのダウンロード
商品やサービスの申込み
問い合わせ

コンセプトの決定(設計)

ランディングページでは、読者の興味を引き、コンバージョンにつなげる必要があります。

ターゲット・何を・他にない差別的なもの(USP)

ターゲット層を明確にすることで、より強いアプローチ、デザイン、構成を作ることができます。ターゲットとなるお客様を具体的にイメージする。

ターゲットグループにどのように対応するのがベストかを決める。

全体像・構成の作成

ゴールとターゲットを明確にしたら、ランディングページの構成を考えましょう。
構成とは、「何をどのような順番で伝えるかを決めること」です。

商談やプレゼンテーションでは、相手が理解しやすいように必要な情報を順序立てて話します。ユーザーが情報を理解しやすいようにランディングページを構成すれば、成約に結びつきやすくなります。

ワイヤーフレーム

ランディングページの構成が決まったら、ワイヤーフレームを作成します。ワイヤーフレームとは「Webページの設計図」のことで、Webページのより具体的な形を表しています。

ワイヤーフレームは、コンテンツを整理し、レイアウトを設計するだけでなく、チームメンバーがお互いを理解するためにも役立ちます。

ライティング

ランディングページに掲載するテキストを用意する。最初にユーザーの興味を引く重要な部分である「キャッチコピー」をしっかり考える。

キャッチフレーズ」とは、文章を簡単に説明するためのものです。また、画面に大きく表示され、目を引きます。訪問者の興味を引くことができれば、そのページの内容を読みたいと思ってもらえます。

キーワードの作成にあたっては、以下の点に注意してください。

問題点の指摘
具体的に数字を使って説明してください。
意外な事実を使って興味を持たせる。
問題が解決したときの未来を想像してみてください。

ユーザーの心をつかみ、コンテンツを読んでもらえるようなキーワードを作ることが大切です。

また、文字数が多くて読みにくいテキストコンテンツや、説得力のある印象を与えるテキストコンテンツは、ユーザーがWEBサイトを離脱する可能性が高いので注意が必要です。

デザインの作成

ペルソナ、構成、コンテンツに基づいてデザインを作成します。
デザインを作成する際には、ユーザー・導線(ジャーニー)を考慮し、変換可能なものにする必要があります。

ランディングページを作成する上で最も重要なポイントは以下の通りです。

  1. 視線導線(アイトラッキング)を意識する。
  2. ユーザーを惹きつけるのはファーストビュー
  3. 1ページにまとめる
  4. 画像やグラフィックを入れて、わかりやすくする。
  5. 申込ボタン(サインアップボタン)を目につくところに設置します。
  6. 必要以上に画像や文字を入れない。
  7. 不必要な余白(ホワイトスペース)を残さない。
  8. テーマに合ったテキストスタイルを選択してください。
  9. テキストの幅が合っているか確認してください。

コーディング(Coding)

コーディングとは、自分が設計したものをブラウザで見えるようにすることです。スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスや環境でページが正しく表示されることを確認します。

ランディングページはその場で変更や修正を加えることなるので、簡単に変更できるようにしてください。

ちなみに、LP作成ツールを使えば、HTMLなどの特別な知識がなくても、直感的にLPを作成・運用することができます。

効果測定・解析ツール

ランディングページが公開したら、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールやヒートマップツールを使って、PDCAサイクルを回しながらランディングページの効果を測定します。

ランディングページを継続的に改善していけば、さらに良い結果を得ることができます。

ランディングページ(LP)の構成の作り方

ランディングページの構成によって、ランディングページの成果は大きく変わります。ここでは、ランディングページの構成を作る際に考慮すべきポイントを解説します。

ファーストビュー

ファーストビューとは、ランディングページを開いたときに、ユーザーが最初に目にする部分のことです。

以下は、ファーストビューに表示されるコンテンツのうち、最も重要な3つのコンテンツです。

アイキャッチ
キャッチコピー・テキスト
CTAボタン
メインビジュアルイメージ画像

メインイメージとキャッチコピーは、ユーザーの関心を引き、そのサービスや商品が何であるかを一目で伝えるものでなければなりません。

また、CTAボタンをファーストビューに入れることで、CVRを高めることができます。

興味・関心(Interest)

興味を持ってもらえれば、継続してLPを読んでもらいやすくなります。興味を持ってもらうために必要な要素は以下の通りです。

達成したい結果

こんな悩みをお持ちの方へ
意識レベル

達成したい結果

サービスや製品を利用することで得られるメリットをわかりやすく伝える。そのためには、例を示すことが一つの方法です。

こんな悩みをお持ちの方へ

無形のソリューションを持つ製品やサービスを提供している場合や、競合他社との差別化を図りたい場合は、ユーザーにとって「パーソナル」なものにすることが重要です。

そのためには、ユーザーの悩みや問題を解決するコンテンツを提供することで、ユーザーの共感を得ることが重要です。

認知

競合他社が多く、その中で自社製品を目立たせたい場合、ユーザーが予想していなかった新しい事実を提供することで、ユーザーの興味を引くことができます。ユーザーに「新しい発見」を提供して、興味を持ってもらうのが良いと思います。

エヴィデンス


あなたのサービスがいかに効果的であるかをユーザーに「納得」させる必要があります。その理由は、ユーザーがWEBサイトを懐疑的に見ているからです。

ユーザーに信頼してもらうためには、根拠を示すことが重要です。結果の証拠、サービスの詳細、使用例を組み合わせてフレームワークを作成します。

実績・成功例


数字でメリットを伝えるのが効果的な場合は、「成功例」を使うと信憑性が高まります。数字を使うことで、ユーザーはメリットを具体的にイメージしやすくなります。例えば広告物であれば、ユーザー数や認知度は広告主にとって重要なポイントです。

機能・特徴


機能が革新的で、競合と比べて目立ちやすいものであれば、その機能の強みや魅力を伝えるのに有効です。一見しただけでも、競合他社よりも使いやすいことがわかり、コンバージョンにつながっています。

専門分野・専門知識

アドバイスや無形商品に専門知識が必要な場合は、専門知識をアピールするのが効果的です。
例えば、有名な専門家が製品を担当していれば、説得力があります。また、結果を図や表を使って具体的に示すのも良いでしょう。

使用例

具体的な製品やツールであれば、使用例を示すことで、問題解決のためのイメージを膨らませることができます。
また、ユーザーが新しいことを認識するきっかけにもなり、製品への関心を高めることにもつながります。

信頼・不安解消

信頼 は、ユーザーの不安や疑問を解消するのに有効です。会社や製品の品質が信頼できなければ、買ってもらえません。
サービスや製品を利用する前にユーザーを安心させるためには、第三者のレビューやFAQを組み合わせることが重要です。

お客さまの声


商品の紹介や仕組みを紹介することで、メリットを想像しやすくなります。そのため、これまでのお客様の声を掲載することが有効です。
お客様の声は、コンテンツをストーリー化することで、ユーザーの共感を得ることができます。

第3者のお勧めの声・推奨

ユーザーの信頼を得るために、業界やビジネスでよく知られている人の名前を使う。本 を出版するときに、有名人の意見を宣伝文句に入れるのと同じ戦略です。
そうすれば、有名人の信頼性や影響力をあなたのサービスにも利用することができます。

プラン・料金表

ユーザーが製品の発売を真剣に検討するとき、価格は重要な判断材料となります。競合他社に比べて価格面で優位性がある場合は、価格表を発行する必要があります。
価格帯が比較的高かったり、料金体系が複雑だったりする場合は、まずユーザーに問い合わせや資料請求をしてもらうことに意味があります。

よくあるご質問・Q&A


ユーザーの疑問を解消するために、FAQ(よくある質問)を用意しています。
疑問が解消されなければアクションにつながりませんので、ユーザーが疑問に思う点を前もって説明しておきましょう。

デザイナーの声・ 作り手の声

作り手の声は、開発の理由や思いを伝えることで、サービスや商品の好感度や信頼性を高めることができます。
BtoBではお客様の声を掲載することが難しい場合、メーカーボイスが有効です。

クロージング

クロージングとは、ユーザーに契約や注文などのアクションをしてもらうことです。期間限定、スピード対応(クイックレスポンス)、スペシャルオファー(特典)など、ユーザーの行動を促すような情報を盛り込む。

ただし、最後の段落で「今すぐ買うべき理由」を述べて、押し売りにならないように注意してください。ユーザーにとってのメリットを考える

ランディングページの作り方

ランディングページの構成とポイントがわかったところで、実際にランディングページを作るための3つの方法を見ていきましょう。

1.アウトソーシング


ランディングページの制作は、クラウドソーシングサービスを利用してフリーランスのデザイナーに依頼することができます。単価は安いのですが、問題はデザイナーの質やレベルにばらつきがあることです。
コピーライティングが苦手だったり、デザインが苦手だったりと、人それぞれに得意不得意があることも重要です。

2.WEB制作会社

Web制作会社にランディングページの制作を依頼すると、デザインやレイアウトに優れたものが期待できますが、コストは高くなります。

ランディングページができあがっても、変更をお願いしなければならず、コストと時間がかかってしまいます。

3.ランディングページ作成ツール

ランディングページ作成ツールとは、HTMLやCSSなどの専門的な知識がなくても、画像やテキストを挿入するだけで簡単にLPを作成することができるツールです。

ランディングページ作成ツールを利用すれば、素早くPDCAサイクルを回すことができ、制作会社に支払うコストを削減することができます。

無料のものから有料のものまでさまざまなツールがありますが、中には顧客管理や広告運用、アクセス解析などの機能を持ち、対策や効果の確認、改善を行うことができるものもあります。

ランディングページ簡易作成ツール『LPナビ』では、ランディングページも簡単に作ることができます。

ランディングページも作成ツールLP制作は、「時間短縮」が命

ランディングページも作れるマーケティングツール『ランディングページ簡易作成ツール”LPナビ”

生産速度を大幅に向上させた事例

ランディングページ簡易作成ツール『LPナビ』を提供する株式会社スタメンは、LPの作成・運用には時間とコストがかかりすぎるという問題に直面していました。

『LPナビ』を使用することで、コードを1行も書かずにLPの作成や修正ができるようになったという。外注していた頃は1~1.5ヶ月かかっていたLP作成が、今では数日でできるようになりました。

現在、約80~90種類のLPと仕事をしていますが、CV数、CPAともに効率が大幅に向上しています。

リードの受注率、単価ともに高いレベルにある

Webからの問い合わせ件数が少なく、PDCAサイクルを回して施策を改善することができないと感じていました。特に、LPの品質には大きな問題があった。

チームは改善の必要性を感じていましたが、改善するための専門知識と時間を持つ人がいなかったため、この問題は長い間解決されていませんでした。

操作や更新が簡単な 『LPナビ』を導入したことで、細かな改善と定量的なパフォーマンス数値の把握が同時にできるようになりました。

また、インターネットで得たリードの受注率も20%を超えており、質の高いリードが集まるようになってきた。

まとめ

FIPP(first look、interest、persuasion、proof)

ランディングページを作成する際に最も重要なポイントは、「目的」「コンセプト」「オファー」「ボタン」です。構成に関しては、ファーストビュー、興味・関心、説得・エビデンス(first look、interest、persuasion、proof)に注意を払うことが重要です。

ランディングページを作成した後は、データを収集し、PDCAサイクルを回しながら改善していくことが重要です。

そのため、変更が容易でデータ収集力に優れたランディングページを作ると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる