心理誘導に基づいた「絶対に売れる」ランディングページ(LP)の作り方

最近、素晴らしいランディングページ(LP)をたくさん見かけます。ページは高確率で素敵なCV効果があり、単純にスクロールして楽しむことができ、とてもワクワクします。綺麗なページは見ていて面白いし、シェアもしやすい。しかし、たま〜に思うことがあります。

ワンワン
心理誘導ってなんかむずかしそう…
マツケン
°人はそもそも何で”モノ”を買うのかを知ることなんだよね…
ワンワン
へ〜そう言うこと考えたことなかった〜…
マツケン
そんなお悩み私が分かりやすく解説しますね。…
こんなお悩みありませんか?
  • デザイナーにお願いしたのにCV(コンバージョン)されない。
  • 時間かけて作ったLPが売れなくなった
  • そもそもLPは長くて自分一人では作れない。

せっかく作ったLPからCV、反応がないとなるとがっかりしますよね。

  • 販売者が書きたいことをかくか?
  • できることを書くか?
  • 知っていることを書くか?

この3点全てNGなんです

  • お客様が知りたいこと
  • お客様が求めているもの
  • お客様が悩み解消できるもの

この以下、3つが大事なんです。

では、それをどうやってLPに表現させるかを解説していきましょう・・・

“このランディングページ(LP)の目的は何なんだろう?と”・・・。

ランディングページ(LP)の目的

デザインや効果にも気を配ることが大切ですが、本来の目的を見失っているランディングページ(LP)をよく見かけます。ランディングページ(LP)の最大な目的は、「商品を購入する」「問い合わせを受ける」「会員登録をする」などです。

分かりやすく言えば、ユーザーからのアクションなわけです。

では、ランディングページ(LP)の目的ブレないようにする方法として、どういった対策があるか?
結論として、フレームワークを使うことで、LPの正しい道、ブレない道を歩むことができます。

そこで、今回のテーマは次のようなものです。

心理誘導に基づいたランディングページ(LP)の作り方

このトピックについて書くのは初めてですが、よ〜くみておいてくださいね。

売れるランディングページ(LP)の3つの要素とは?

目次

売れるランディングページ(LP)を制作のための3つの要素とは?


要素①:ページのファーストビューは3秒で選ばれる?

Webサイトのファーストビューは3秒で選ばれる?
「メラビアンの法則」によると、人の第一印象は会った瞬間から約3秒で決まるという。さらに、第一印象の55%は視覚情報に基づいています。Merabian氏は、この法律がランディングページ(LP)にも適用できるかどうかについては言及していませんが、同じことが言えると思います。最初に見てから3秒以内に放棄させないランディングページ(LP)を目指しましょう。※UCLAの心理学者アルバート・メラビアンによる。


要素②:そのキャッチコピーは他と何が違うのか?

キャッチコピーは他社と違うか?
ネットで購入するユーザーは、比較検討をします。この商品の魅力は、じっくり見ていただければわかっていただけると思います」というだけではダメなのです。ウェブサイトには3秒ルールがあります。対象者や使用目的を明確にする。


要素③:ユーザーの心に沿ったページ構成になっているか?

ユーザーの気持ちに沿ったページ構成になっているか?
雑誌とは異なり、ウェブではファーストビューから縦方向にしかスクロールできません。そのため、次項でご紹介する心理学の要素に沿ったページ作りが有効です。

順番に説明していきます。

ポジティブな欲望に訴えかける「AIDCASの法則」とは?

AIDCASの法則は以下の通りです。

AIDCASの法則

Attention(注目)アテンション

  • 認知:製品ページに入る前の段階。 誘導を図る

Interest(興味)インタレスト

  • 興味を持ってもらうために「ポジティブな欲求」にアプローチする

Desire(欲求)ディザイア

  • 製品を欲しがらせるための「ポジティブな証拠」を見せること。

Conviction(確信)コンビネーション

  • 購入直前の不安を取り除き、自信を持ってもらう。背中を押す。

Action(行動)アクション

  • もっと背中を押す。購入ボタンを押してもらうための最後の一押し

Satisfaction(満足)満足度 サティスファクション

  • 買った後のことと、満足度:パッケージのデザインがどうだったかなど、購入後のエピソード。
    こういったことは、具体的な例を示した方がわかりやすいと思います。ランディングページ(LP)の構成は、AIDCASルールに基づいています。

ネガティブな欲望に訴えかける「PASONAの法則」とは?

ここでは、PASONAの原理についてご紹介します。

PASONAの法則

Problem(問題提起) プロブレム

  • 確認します。認識しています。

Agitation(問題点のあぶりたて)エディケーション

  • このままでは大変なことになりかねません。。

Solution(解決策)ソリューション

  • その解決策を提示しましょう。商品名は…

Narrow Down(絞り込み)ネローダウン

  • このキャンペーンでしか手に入らないと言って、今すぐ購入するように促す。

Action(行動)アクション

  • 今が買い時だと思います。

状況に応じて、AIDCAS法とPASONA法を使い分けてみてください。

まとめ

  1. 売れるランディングページ(LP)を作るための3つの要素とは?
  2. ポジティブな欲望に訴えかける「AIDCASの法則」とは?
  3. ネガティブな欲望に訴えかける「PASONAの法則」とは?
    売れるランディングページ(LP)を作るための3つの要素とは?
    3つの要素①:ページのファーストビューは3秒で選ばれる?
    3つの要素②:そのキャッチコピーは他と何が違うのか?
    3つの要素③:ユーザーの心に沿ったページ構成になっているか?

ランディングページ(LP)の始め方を稼ぎ方を知りたい。WordPressを始めたい方へ

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」です。
.comや.netなど大人気独自ドメインも利用できる国内最大級のレンタルサーバーです。

新規登録の詳細はこちら。◀︎

独自ドメインの新規取得、独自ドメインの移管いずれにも適用可能ですので、
ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

すでにご契約いただいている方も、今からご契約いただく方も全員おすすめです。
ぜひご登録ください。

デザイン性抜群

LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful(カラフル)」

当メディアでは、初心者の方に分かりやすく簡単にランディングページ(LP)を始められる方法を紹介しています。

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています。

ランディングページ(LP)をこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください。

ランディングページ(LP)の始め方・マーケティングやLP(ランディングページ)の作り方に関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @bodyupdate54 )までお気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる