ブログの仕組みと始め方~月に200万稼ぐ私が初心者に解説

マツケン
こんにちは、マツケンです。個人ブロガーをしています。自由度の高い人を増やすための情報を発信しています。

この記事で解決できるお悩み

・ブログはどのように機能し、どのようにお金を稼ぐのか?
・ブログ収入=広告収入」と聞いたことがありますが、想像がつきません。
・そもそも、どうすれば読者にブログを読んでもらえるのか?
・ブログ収入の種類について知りたいです。

そんな悩みを解決するための記事を書きました。

YouTube: 95,000フォロワー
ブログ収入: 月間200万

マツケン
実際、私は副業から始まり、ブログで月200万稼いでる僕が解説しますね。
目次

ブログでお金を稼ぐための2つの方法

ブログでお金を稼ぐには2つの方法があります。

難しいと思われるかもしれませんが、基本的には2つの方法しかありませんので、ブログの仕組みを理解したい方はチェックしてみてください。

・自社製品の販売 (自分の商品やサービスを売る)
・広告で収入を得る(GoogleAdsence)

自社商品と言っても難し事ではありません。

これは私が一番得意としている事です。

自社製品の販売(自分の商品やサービス)

この方法は、

1つ目のパターンでは、自分で作った商品やサービスを販売します。

自分で作れる商品の一例
・自分のプログラミングスキルで作ったソフト
・自分のコンテンツやアフィリエイトからの収益
・Youtuberとして成功するための教材です。
・オンライン・教室・コンサルティング・サービス
・WEBデザインサービス
・プログラミングスキルを活用した受注

私の場合、Webマーケティングが得意なので、例えば「情報配信」を商材として販売することができます。

実際に、私のサービスでもある、ブログ記事からのアカウント復活サービスの、「コンサルティングをしています」という言葉を添えて投稿しているところからの収入もとても大きいです。また、ブログ運営に関する記事や副業に関する記事をたくさん書いて自分のブログに掲載すれば、クライアントを集めることができます。

ただし、それができるスキルを持っている人は誰でもできるので、自分の商品を売るパターンがあることだけでも覚えて置いてくださいね。

広告で収入を得る(アフィリエイトやGoogleAdsence広告)

広告収入のイメージ:広告で収入を得る(アフィリエイトやGoogleAdsence広告)

多くのブロガーが実践している方法として、広告を掲載して収益を得る方法があります。

これは、自分のブログで企業の商品やサービスを紹介し、それが売れれば紹介料(3~5%)がもらえるという方法です。

・会社の製品・サービスの一例
・アウトドア製品
・PC・アクセサリー
・美容・健康製品
・就職・転職サイトへの登録
・英会話コースへの登録
・プログラミングコースへの登録

例えば、マイルが好きなら、おすすめのマイレージサービスが利用できるプレゼントして、それを登録するためのクレカなどに登録していれたりすることで得られる報酬として5,000円の5%をもらうことができます。

アマゾンや楽天ではほとんどの商品が報酬の対象となりますし、広告主からのサービス(ASP)に登録することでも、簡単に案件を得ることができます。

私も収入のほとんどを広告掲載で得ていますが、「ブログを始めるならまず広告で稼げ」というほどの基本中の基本ですね。

ブログ収入のイメージ(趣味ブログの場合)

よく「ブログに広告を貼るとはどういうことか」という解説をしていきます。そこで今回は、趣味ブログを運営するための具体的なパターンをご紹介します。

例えば、あなたが釣りやバイクなどの趣味関連の記事をたくさん書いて、多くの読者に読まれるブログを作ったとします。

もちろん、アウトドア系に興味のある人しか集まらないので、メーカーや代理店から見れば、こう思うだろう。「彼らが私たちを取り上げてくれれば、より多くの顧客を得ると」、そういう考えを企業は持つようになります。

そして、ASP(広告仲介業みたいな大手サービス)を介して、こう言う感じで「ブロガーさん、誰かがうちの商品を購入してくれたら、3万円をお支払いしますから、私たちを紹介してくれませんか?」そして、そのブロガーに広告を掲載してもらう。

わかりやすい流れで説明しているので、流れです。流れ、実際に広告主からこのような言い回し方はなかなかないので、ASPという大手サービスにあなたが無料で登録する流れが一般的なんです。

ブロガーは紹介料で収益を得、メーカーや代理店は顧客数の増加で収益になるようになってます。

難しいと思われがちなブログ広告ですが、その原理は、あんたが普段何気に目にする、街中の看板広告と全く同じです。

ブログ広告による2種類の収入

以下、ブログ広告による収入に関する2種類を解説していきます。

どうやってブログで稼ぐのか想像がつくためには、広告収入の種類がわかればいいかと思います。もう少しシステムや仕組みについて理解したい方はぜひチェックしてみてください。

ブログによる2種類の広告収入

・クリック報酬型(Google Adsense=グーグルアドセンス)
・成果報酬型アフィリエイト(ペイ・フォー・パフォーマンス)

クリック報酬型(Google Adsense=グーグルアドセンス)

1つ目の広告収入は、クリック課金型(Google Adsense)です。

初心者が一番取り掛かりやすくとてもシンプルで収益を得やすいのが特徴ですね。

クリック報酬(ペイ・パー・クリック)型は、読者が広告をクリック(閲覧)するだけで広告料を得ることができます。

ネットではよく目にする広告なので、必ずと言っていいほど認知されているかと思います。よく、WEB サイトに自動的に表示される広告をご存知の方も多いのではないでしょうか。

以下のような広告です。

クリック報酬型(Google Adsense=グーグルアドセンス)

ペイ・パー・クリック(クリック報酬)の場合は、広告を表示する場所を指示するだけで、記事の内容に合った広告を自動的に配信してくれます。Googleが自動で広告の内容を選んでくれてますので、運営者側は、ブログやWEBサイトに広告を貼る位置だけ決めておけば、後はGoogleがやってくれます、そんなイメージです。

報酬の目安は1クリック30円程度で、1%のクリック率と言われてます(広告をクリックするのは100人に1人という統計)がある程度稼げても、月に10万円程度が平均ですね。

数百万稼ごうとすると少し厳しい感じがしますので、大きく稼げる広告収入ではないのですが、先ほども書きましたが初心者向けのクリック課金型です。「お小遣い感覚の部分収入」と心得ておくと良いでしょう。

成果報酬型アフィリエイト(ペイ・フォー・パフォーマンス)

広告収入の2つ目のタイプは、成果報酬型(アフィリエイト)です。

成果報酬型広告では、読者が広告をクリックして商品を購入したり、サービスに申し込んだりすると、報酬が支払われます。

例えば、下の画像は大手松井証券会社の広告で、その会社に登録すると2万円がもらえるというものです。

松井証券

成果報酬は、完全出来高制のため難易度は高いがです、報酬が大きいのが特徴でもあります。

一生懸命勉強すれば誰にでも大きな収益を手にするチャンスがあります。

「ブログで稼ぎたい」と考えている人は、成果報酬が主な収入源であることを念頭に置いてください。

副業でブログを書くことは、決しておかしなことではありません。Web広告市場が拡大している3つの理由。

ブログは「もう終わっている」「オワコンだ」と言う人がいますが、それはもうかれこれ10年以上前から言われていることなんですよ。ブログは全くオワコンではありません。人間の悩みがなくならない限り、そして言語もなくならない限りオワコンにはならないですね。断言できます。

また広告でも言われていることなのですが、ブログよりも「オワコン化」しているものがあります。それは、「テレビ」です。ここ数年のデータでもわかるようになりましたが、広告業界もガラリと変わりました。下の画像をみてもらうとお分かりいただけると思うのですが、ダントツの1位だったテレビ広告(CM)よりも、ネット広告(ブログに掲載される広告)の市場が伸びているのです。

株式会社電通の記事

電通が発表した「日本の広告費」によると、ネット広告への支出は1兆7580億円となり、CMを含めた総広告費の26.9%を占めています。

特にモバイル広告(スマートフォン向けの広告)や動画広告(YouTubeなどの広告)が強いと聞いています。

以下に、ウェブ広告が成長している理由をご紹介しますので、ぜひご一読ください。

理由①:1日あたりのスマートフォンの平均利用時間が増加傾向になるため

スマートフォン市場が爆発的に伸びている背景があります。Web広告市場が拡大している理由として、まず、スマートフォンの1日の平均利用時間が増加していることが挙げられます。

このスマホの利用者数と、利用頻度は、新聞やテレン美などとは圧倒的な差があるだけではなく、日本1人当たりの1日のスマートフォン利用時間は3時間7分で、前年に比べて16分増加しており、年々増加傾向にあるとのこと。

つまり使っているスマホユーザー向けの広告がテレ市場を上回っているため案です。ユーザーがたくさんいます。”テレビを見たり新聞を読んだりするよりも、スマホで動画を見たりウェブ記事を読んだりする時間の方が長い、というわけです。

そうであれば、より見てもらえる可能性の高いWebメディアの方が、広告としての効果が高いと見ることができます。

そのため、広告効果が高まっているWEBに広告を出そうとする企業が急増しています。

そんな仕組みなんですね。

理由②:ウェブ広告は安い。

2つ目の理由は、Web広告が他の広告に比べて安価であることです。低コストで反応も良くCVが高いくなるためです。

例えば、テレビ広告の場合、広告費は100〜500万円になることが多く、非常に高額になるケースがほとんどです。

一方、Web広告は、内容にもよりますが、1枚あたり1円程度の費用で、非常に費用対効果の高い広告を掲載することができます。

テレビ、新聞、ラジオ、雑誌の4大マスメディアに比べて、Web広告は圧倒的にコストが安いので、多くの企業に注目されているのですね。

理由③:ターゲットになりやすい

Web広告市場が拡大しているもう一つの理由は、ターゲット層を明確に選択できることです。

例えば、テレビCMは子供から大人まで不特定多数の人が見るものなので、特定の人をターゲットにした広告を流すことはできません。

特に最近は、高齢者層のテレビ視聴者増というデータもあるほど、テレビCMをみている層のほとんどのユーザーは、高齢者だと言われているほどなんです。

その一方で、WEB広告の場合、GooglleやYahooの検索エンジンでは、「ブログの仕組み」など、悩みを推測できるようなキーワードを入力することができます。

そのため、入力されたキーワードをもとに、「最も適切な広告を最も適切な人に」表示することができます。

WEB広告の需要が高まるにつれ、ブログでお金を稼ぐチャンスも増えています。

ブログの始め方を知りたいや今すぐにでも始めたい方へ

キャンペーン開催中のお得情報です

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」です。
.comや.netなど大人気独自ドメインも利用できる国内最大級のレンタルサーバーです。

新規登録の詳細はこちら。◀︎

独自ドメインの新規取得、独自ドメインの移管いずれにも適用可能ですので、
ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

すでにご契約いただいている方も、今からご契約いただく方も全員おすすめです。
ぜひご登録ください。

当メディアでは、初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています。

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています。

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください。

ブログの始め方・マーケティングやLP(ランディングページ)の作り方に関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @bodyupdate54 )までお気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる