【永久保存版】NFTを10分でわかりやすく解説おばあちゃんにでも分かるように説明してみる 最新の活用例と将来性

NFTブロックチェーンを「おばあちゃん」にでもわかるように説明していきますね。

目次

NFTとは?

NFTとは?ブロックチェーンを用いてデジタルアート作品の所有権を明確にすることです。

そう聞いても、理解するのは難しいですよね。

例えば、パソコンで絵を描いて、それがゴッホも驚くほどの出来栄えだったとします。

ゴッホの絵画なので、売りたいと思っている人がいるとします。でも、誰も買ってくれない。なぜ誰も買わないと思うのでしょうか?それは、コンピュータで作られた画像は、デジタル作品です。デジタル作品は誰でも簡単にコピーできます。何でもコピーできます。何でもコピーできれば、誰でも手に入れることができ、どれが本物かもわからない。

それであれば、誰も買わないでしょう。だから、ゴッホがすごい名画であっても、デジタル作品である以上、絵の価値はゼロであり、売買はできない。

それが今までの世界だった。

NFTの技術が世界を変えました。

NFTの技術は、ブロックチェーン技術を使って、作品の所有者を明確にすることに成功しました。所有者がはっきりしていて、真贋がはっきりしていると、売買が可能になります。

アナログの世界では、鑑定書と実物があれば、それが本物であることを証明でき、アートの売買が可能になります。

NFTのアートは世界をどのように変えたのでしょうか?

NFTアートがどのように世界を変えたのかを詳しく説明したいのですが、そもそもブロックチェーンを理解していない人もいると思うので、まずはブロックチェーンとは何かを説明したいと思います。

NFTのブロックチェーンが改ざんされない理由

それは、ブロックチェーンを、簡単に言えば「分散型台帳」だからです。

“分散型台帳” この言葉を覚えておけば、ここから先は大丈夫です。

順次説明していきます。

旅館やホテルに行くと、住所や連絡先を書いてくださいと言われますよね。台帳とは、ゲストの個人情報をまとめたものです。債権者や質屋でも「誰にどれだけのお金を貸して、どれだけの利息を払って、どれだけの期間で返さなければならないか」といった情報を記録するのも台帳の一種です。元帳とは、取引や管理の履歴を記録したものです。

では、分散された台帳を見てみましょう。

台帳よりも通帳の方が説明しやすいと思うので、ここでは通帳に置き換えて考えてみます。通帳を見たことがある人は多いのではないでしょうか?通帳は、口座にどれだけのお金があるかを証明するものです。

もし誰かがこの通帳を書き換えられるとしたら?

例えば、銀行に勤めるAさんが、夜中にこっそりと通帳を上書きしたとしたら、あなたの口座にあるお金はすぐに情報が改ざんされてしまいます。つまり、通帳が1冊しかないと、改ざんされやすいということです。

そこで、1つの通帳ではなく、複数の通帳を使用するという考え方が出てきます。そこで登場するのが、複数の通帳を持つという考え方です。通帳を100枚持っていると、改ざんするのが面倒になってしまいますよね。しかし、それを改ざんすることは可能です。

銀行員のA氏が徹夜でデータを書き換えれば、翌朝にはデータが書き換えられてしまう。

つまり、複数の通帳を持っていても完璧ではないということです。

複数の通帳を持つだけでなく、複数の管理者を持つことができるというものです。考え方はこうだ。管理者が一人であれば、複数の通帳であっても、一人の人間が自由に書き換えることができます。ですから、本当に改ざんを避けたいのであれば、複数の管理者が複数の通帳を管理する必要があります。

しかし

複数の管理者が複数の通帳を管理していても、完璧ではありません。銀行員Aは夜中にこっそり通帳Aを書き換え、3日後に通帳Bを管理している管理者Bが不在の時に書き換えることができる。

また、通帳Bの管理者であるB氏は、たとえば、賄賂をもらって、釣られる可能性もある。そのため、複数の通帳と複数の管理者によることで、一見完璧に見えるけど、管理体制は整っているとは言い切れません。100人の管理者がいれば、システムはかなり「強固」になっていると思いますが、それでも完璧ではありません。そこで、次のようなアイデアを考えました。

  1. 複数のパスポート
  2. それらを管理する複数の管理者
  3. 通帳を”同時に更新 “できるようにしてみる。

どうでしょうか?

Aさんは、100冊の通帳を同時に書き換えることはできないでしょう。それに、もし彼が100冊ではなく、1万冊の通帳を持っていたらどうだろう?その1万冊の通帳がどこにあるのか誰にもわからず、同時に更新されたとしたら。

改ざんすることは事実上不可能です。

それを可能にしたのが、ブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンは、誰かが管理するデータではなく、みんなで管理するデータです。データは同時に分散型台帳に書き込まれます。そのため、改ざんすることは事実上不可能と考えられます。ブロックチェーンをできるだけ簡単に説明したつもりですが、ご理解いただけましたでしょうか。

話をNFTに戻しましょう。

NFT、ブロックチェーンで所有権を明確化

NFTは、ブロックチェーン技術を用いて、これまで明確にできなかったデジタルアートの所有権を明らかにします。

ここからが本題です。

これはNFTの可能性についてです。これを理解するためには、デジタルアートアナログアートの特徴を理解する必要があります。

NFTのデジタル面での強み弱みは何ですか?

デジタルアートの強みは何ですか?

それは、コピーする能力です。

コピーできるからこそ、世界中に広めることができる。例えば、Netflixで新作映画が公開されると、世界中で同時に視聴することができます。

映画のデータは、デジタルでコピーが容易なため、お金と時間をかけずに映画を見ることができます。

デジタルだからこそ、話題になる。

・デジタル作品はコピーが可能なため、一度に多くの人の目に触れ、話題になることがあります。

・アナログ作品の場合、1つしかないので、同時に見ることはできません。だから、話題にならないのです。

ゴッホの絵は、美術館でしか見ることができません。

写真を撮ってインターネットにアップロードすれば、デジタルになって見られるようになりますが、だからといって本物が見られるわけではありません。

しかし、それでは本物を見たことにはならない。デジタル技術のおかげで、世界中で同時に実物を見ることができます。

ここには違いがあります。認知度が広がれば、一夜にして世界的なスターが誕生する。

そう考えると、デジタルの最大の武器は「拡散できる」ということだと思います。

これが、デジタルディフュージョンの驚くべき力です。この拡散の力がデジタルの力です。

では、デジタルの弱点(弱み)とは何でしょうか?

デジタルの強みはコピーされることによる普及力ですが、弱みは何でしょうか。

デジタルの弱点はコピーされることだと思います。デジタルにとって、コピーできることは強みでもあり、弱みでもある。コピーできるからこそ、話題になるのです。

つまり、デジタルでコピーできるため、作品自体を売買することができないのです。これがデジタルの弱点です。

アナログのメリットとは?

それは、「コピーできない」ということです。

コピーできないからこそ、希少性が生まれる。希少性は価値を決定する重要な要素です。

例えば、キャビアが高価なのは希少価値があるからです。

キャビアが鶏卵やイクラに比べて高価な理由は、味よりも希少性にあると私は考えています。希少性とは、簡単に言えば「価値を生み出しやすい」ということです。

アナログは、ユニークで希少価値のあるものだからこそ価値がある。コピーできないからこそ、希少性が高いのです。

アナログのデメリットは何ですか?

これは長所の逆でもあります。アナログの欠点はコピーができないこと。やはり、コピーができないということは、拡散する力がないということです。

簡単に言うと

どんなに良い作品でも、人に見てもらうのは難しいものです。モナリザのように、作品の価値がすでに明らかになっている場合は、人々がそれを見ることができるので良いと思います。

しかし、無名の作品の場合、デジタル作品に比べて実際に見てもらうことが難しいため、なかなか普及しませんでした。

これが、無名のアーティストが世に出るまでの難しさです。キュレーターが良い作品を発見し、それを徐々に公開していく。
しかし、これには時間がかかります。

一方、デジタルの世界では、すぐに広まるので、一夜にしてスターになることも可能です。

コピーできないから広がらない、それがアナログの弱点です。

デジタルとアナログの良さを兼ね備えたNFTの素晴らしさ

つまり、NFTアートの素晴らしさは、両方の良いところを兼ね備えていることなのです。デジタルだからこそ、拡散する力がある。同時に、NFTは誰が所有しているかを明確にしているので、希少性があり、売買も可能です。つまり、デジタルには流通というメリットがある一方で、作品そのものが売買できるという希少性があります。

NFTアートが流通すればするほど、高値で取引されるようになります。

NFTの普及=低価値の普及=高価値の普及」の世界へ

これまで、普及とマネタイズは相容れないものでした。InstagramやTikTokでバズっている人たちを思い浮かべるとわかりやすいですね。

InstagramとTikTokには広告収入がありません。そのため、別の方法でマネタイズする必要がありました。インスタグラムやTikTokで有名になった後にお金を稼ぎたい場合は

・服を売る
・化粧品の販売
・コミュニティーの運営
・服を売る。化粧品を売る。

これらは、価値を高めるための方法のほんの一部です。

あなたの目的が、デジタルコンテンツやデジタル作品を無料で提供して広めることであるならば、自問する必要があります。

・どこまで無料で提供しているか?

・どうやってマネタイズしようか?

・どうやってマネタイズするの?

この問題を解決する一つの方法がNFTアートです。NFTアートは、流通することでコンテンツ自体が高額で売買されるという新しい流れを作ることで、この問題の解決策のひとつとなっています。

NFTが売買されればされるほど、クリエイターやアーティストが受け取るお金は増えていきます。
さらに、ブロックチェーンの「スマートコントラクト」技術を利用することで、作品が売買されるたびに一定の金額がクリエイターに支払われる仕組みが可能になります。つまり、今までは作品を売った時点で作家の収入は終わりだったのです。

・AさんがBさんに売る
・BさんがCさんに売る

でも今は、本が売れるたびに、一定の割合で著者に印税になります。これは大きな進歩です。これまでは、最初に100円で売られた作品が、後に10億円で売られたとしても、作者には100円しか入らなかった。

999,999,900円は、著者とは全く関係のないお金のやりとりだった。

それが解消されます。デジタル時代には、数ドルで作品を売っていたクリエイターが、そのお金を取り戻せるようになります。

ミュージシャンを見ていると、CDの時代は終わり、デジタル化の時代になっていることがわかります。

デジタル時代はコピーし放題ですから、あなたの収入は受信料で戻ってくるわずかな額にしかなりません。

多くのミュージシャンは、以前に比べてかなり収入が減っていると思います。

儲かっているのは、配信するプラットフォームだけです。デジタル時代は、クリエイターにとって大きな搾取の時代でもあります。今、アーティストが次々とNFTに挑戦しているのも理解できます。・・・・

今のところ、NFTはバブルだと思います。しかし、本質的に何が原因なのか、何が違うのかを考えれば、そこにも可能性があることがわかります。私自身も、本当に世の中を変えるような価値を生み出せるのか、取り組みながら研究していきたいと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる