NFT 始め方 仕組み 作り方 売り方 投資の仕方などをわかりやすく解説【デジタルアート】仮想通貨

NFTでどうやってお金を稼ぐの?

こんにちは、マツケンです。

NFTを始めようとしてもなんか勉強すら進んでなく、時間ばかりかかってませんか?

今回の記事は、NFTを始めるための最初のハードルである「始め方 仕組み 作り方 売り方」についてお伝えします。

この記事を読めば、あなたのこんな悩みが解決できます。

NFTの始め方があるのか悩む
NFTの仕組みがあるのか知りたい
・NFTの作り方を知りたい
NFTの売り方を知りたい

マツケン
こんにちは、マツケンです。個人ブロガーをしています。自由度の高い人を増やすための情報を発信しています。

NFTの全容を知るポイントは、「自分が何に時間を使うか(使いたいか)」を基準にすることです。

この記事では、NFTの始め方 仕組み 作り方 売り方についてお伝えします。について説明しています。

実際、私はブログで

月に200万円ほど稼いでいる私が解説します。

この記事を、最後まで読んでいただければ幸いです。

さて、ここからが本番です

話題の “NFT “をご存知ですか?

NFTは、2021年に入ってから取引量が急増している非代替性トークンで、NFTに裏付けられたアートや音楽が数十億円以上で取引されています。かなり注目を集めています。

「マツコ会議」でも話題になりました。

この記事では、NFTでお金を稼ぐ方法、やり方、始め方などの最新情報を紹介しています。

目次

NFTでお金を稼ぐには?どうすればいいのか、始め方最新情報

NFT(Non-Fungible Tokens)は、代替不可能なブロックチェーン上で発行される送信権(譲渡権)付きのオリジナルデータです。

NFTの構成

ブロックチェーンのブロックとは、「取引記録の塊(ブロック)」のようなもので、各ブロックは「取引記録と前のブロックの情報」で構成されています。

取引履歴はコピーや削除ができず、一度記録したものは証拠として残るため、ブロックをたどることでどの取引が記録されたかを正確に知ることができます。

NFTが偽造されない唯一の正確なデータ

また、あるブロックの取引記録を操作しようとすると、そのブロックよりも新しいすべてのブロックの記録を操作しなければならず、データの操作が難しくなります。

仮想通貨業界では、直接的にはトークンやシンボルであっても、ブロックチェーン技術を用いて発行された仮想通貨をトークンと呼んでいます。

従来のデジタルデータは、簡単に複製できる反面、偽造されやすいという欠点がありました。

しかし、NFTでは、偽造されない唯一の正確なデータということになります。

ヒーロー誕生のせきぐちあいみさん

例えば、「マツコ会議」では、仮想空間に立体を描くVRアーティストのせきぐちあいみさんが登場しました。

このようなデジタルアーティストのデータがコピーされたり、改変されたりすると、せきぐちあいみさんのオリジナル作品が何であるかを特定することが難しくなります。

しかし、NFTで保護された作品であれば、せきぐちあいみさんがデータの作成者であることがブロックチェーン技術によって証明され、デジタルアートには固有の所有者(権利)が存在することになり、「唯一無二」であることが証明され、高額での売却が可能になります。

ピカソの絵画 / NFT化

例えば、ピカソの「ゲルニカ」の最初の作品は学校の教科書や授業などでも取り上げられる絵画でありますが、ピカソの「ゲルニカ」のコピーを買ったり、インターネットで見て保存したりするのと、実際にその作品を所有するのとでは価値が全く違います。

ゲルニカ

NFTのおかげで、デジタルアートも同じようになりました。例えば、せきぐちあゆみさんの作品のコピーを無料で見ることができたとしても、実際にオリジナルを所有しているのとは価値が違うので、今では高値で取引されています。

NFTは個人の時代

まだあります。

・オーナーは自分のNFTを自由に売買することができます。
・誰でもNFTを作成することができます。
・データ自体に追加機能(付加価値)をプログラムすることも可能です。

これらは機能のほんの一部です。

お金を稼ぐ方法、やり方、始め方、売り方、投資の仕方

ここでは、NFTを使ってどのようにお金を稼ぐことができるのかを見ていきましょう。

NFTのお金を稼ぐやり方

NFTで稼ぐ方法は、まず、NFT市場でデジタル資産を取引することです。

NFT市場とは、NFTが取引される市場のことです。

OpenSea(世界最大のNFT市場)
Coincheck(日本最大級のNFT市場と言われています。)
Nifty Gateway(アーティストや著名人のデジタルグッズを取引)
Rarible(大きなNFT市場)
miime(ゲームのキャラクターやアイテムをユーザー同士で売買できるNFTマーケット)

これらのNFT市場では、デジタルアートやゲームキャラクター、仮想空間内の不動産などが販売されています。

NFTのお金を稼ぐ始め方

始めるにあたっては

・NFTマーケットプレイスに登録する(クレジットカードや専用アカウントが必要な場合もあります)
・仮想通貨をオンラインウォレットに入金する。
・仮想通貨でNFTを購入する。

MetaMaskは最も人気のあるオンラインウォレットの一つです。

その方法とは

・将来的に人気が出て価値が上がりそうなNFTを購入する。
・価格が上がったら売る。

また、価格が上がったときに売ることもできます。

NFTの売り方 / 自分で出品(売る)

NFTで儲けるもう一つの方法は、自分のNFTを出品(販売)することです。

絵に自信がある人、そうでない人も、自分のコンテンツをNFTとして販売することも可能です。
※絵がうまい、下手とかの基準はないかもしれませんね。NFTの世界は。

そして、その仕組みは以下の通りです。

・NFTのマーケットプレイスに登録します。
・バーチャルウォレット(仮想通貨)の作成
・NFT作品の売買に必要な仮想通貨をウォレットに入れてください。
・デジタルアートワークの作成
・NFTマーケットで販売したいNFT作品の販売条件を入力してください。
・NFT画像のアップロード

その流れは以下の通りです。

NFT作品を販売するには、NFT作品を保管できるオンラインウォレットと、NFT作品を取引できるNFTマーケットプレイスが必要です。

第三に

NFTの投資に仕方 | 関連銘柄への投資

NFTで儲けるための3つ目の方法は、NFTに関連する銘柄に投資することです。

NFTで儲ける3つ目の方法は、NFTに関連する株式、つまりNFTが実際に取引されているブロックチェーン・プラットフォーム上の仮想通貨に投資することです。

例えば、サンドボックスというゲームプラットフォームは、サンドコインという仮想通貨が流通する「メタバース」という仮想空間で、マーケットプレイスやゲーム環境など様々なサービスを提供しています。

先に述べたように、NFT市場では仮想空間の土地などを販売しています。この仮想空間の土地はサンドボックスで使用することができ、ユーザーはサンドコインを支払って土地を耕したり建物を建てたりします。

“サンドボックス “のサービスを利用するには、サンドボックスが発行する仮想通貨 “サンドコイン”(いわゆるガバナンストークン)を使用する必要がありますが、”サンドボックス “の人気が高まり、利用者が増えれば増えるほど、トークンの価格は高くなります。トークンの価格は、サンドボックスが普及するにつれて上昇していきます。

NFTが推奨する関連銘柄

エンジンコイン:(Engine Coins) Engine Coinsプラットフォームが管理する仮想通貨です。マインクラフトのような大きなゲームがそれに関わっています。
サンドコイン:(サンドボックス内で流通する仮想通貨。仮想空間「メタバース」では、さまざまなサービスが提供されています。
チリーズ:スポーツクラブとそのファンをつなぐ一連のプロジェクト。スポーツクラブとファンを結びつけ、先進的なサービスを展開する一連のプロジェクトで、主にスポーツ・エンターテインメント業界を対象としています。

これらはほんの一例に過ぎません。

料金請求

料金は、契約が成立した時点で請求されます。

NFTアートの今後の展望と予測

2021年からは、ほとんどのNFTアートがイーサリアムのブロックチェーンを使って作成されます。

NFTアートの作成が容易であることはイーサリアムの利点の一つであるが、そのために「ガス税」が発生することが欠点である。

NFTのデメリット

デメリットとしては「ガス代」です。イーサリアムが使用する「スマートコントラクト」と呼ばれる契約を締結する際に発生する手数料のことです。

NFTの市場が拡大すると、トラフィック量に応じてガス料金が上昇するため、アーティストや投資家は不利になります。

法律はまだ追いついていません。

NFT Artは、仮想通貨と同様に市場に登場して間もないため、国内外の法規制が追いついていません。

最も大きな問題の一つは「偽造」です。

NFTアートは、ブロックチェーン技術を用いることで、デジタルアートに「独自性」を加えることができます。

これを悪用して、他人の作品を自分の作品だと偽ってしまうケースが多々ありました。

このような著作権をめぐる「グレーゾーン」は、法整備が進むにつれて明確になっていくはずですが、懸念材料であることに変わりはありません。

メディアアルゴの公式サイトでは、NFTをはじめとする暗号通貨の独占情報を提供しています。

まだ登録されていない方は、この機会にお友達を増やしてみてはいかがでしょうか。

NFTアートの今後の可能性と予測について説明します。

実際に行動しようとする前に、問題点や将来性をよく検討することをお勧めします。

NFTチャリティ・アート・プロジェクト

香取慎吾さんによるチャリティーイベント

LINEブロックチェーンは、香取慎吾さんの「NFT Art Charity Blockchain」に採用されています。

本企画では、「I enjoy」をテーマにしたNFTの作品を寄付者にお届けします。

このチャリティーイベントは香取慎吾さんが主催し、収益はすべて日本財団パラリンピックサポートセンターに寄付されます。

このプロジェクトの立ち上げにより、日本におけるNFTの認知度が高まりました。

このプロジェクトによってNFTの市場が拡大することが期待されており、今後の展開を注視していきます。

NFTアートトレードの市場拡大。

NFTのデータサイト「NonFungible」によると、2021年第1四半期のNFTの取引量は約20億ドルになるそうです。

この金額は、2020年第4四半期に計上した約1億ドルの20倍にあたります。

NFTアートは、ブロックチェーン上での取引によってデジタルアートに独自性を持たせることができる仕組みであるため、すべてのデジタルアートのマーケットプレイスがNFTを利用できるようになれば、NFTアートの規模はさらに拡大すると考えられます。

NFTマーケットプレイスを利用しているアーティストはまだ一握りですが、認知度が上がればNFTアートマーケットプレイスの規模も拡大していくでしょう。

NFTを利用する機会が増える

NFTは現在、主にアートとして取引されていますが、今後はブロックチェーン技術が様々な形で活用されていくと考えられています。

例えば、ブロックチェーン技術には「改ざんされない」というメリットがあるため、選挙の電子投票にNFTが使われることになります。

すでに2018年にはアメリカのウェストバージニア州で実証実験が行われており、日本でもつくば市をはじめ多くの自治体が開発に力を入れています。

NFTの効果が明らかになれば、より多くの人がNFTアートに挑戦するようになるでしょう。

すべてがNFTになる可能性を秘めている

NFTアートは、「映像」や「音楽」以外のものも強化して作用させることができます。

2021年3月22日、巨大SNS「Twitter」の共同開発者兼CEOのジャック・ドーシーは、初めてのツイートをNFT化し、約291万ドル(約3億1500万円)で販売した。

1つのツイートがそんなに価値があるとは思いませんでした。

このように、これまで価値がないと思われていたものが取引されるようになったことで、NFTのアート市場は今後も拡大していくことでしょう。

NFT取引に興味のある方は、まずCoincheckに口座を開設してください。

そこでは、日本初のNFTマーケットプレイスである「CoincheckNFT」を利用し、イーサリアムなどの仮想通貨を購入して取引することができます。

また、仮想通貨の銘柄数も多く、仮想通貨の取引に適した国内取引所となっています。

NFTアートの作成や取引手数料

NFTアートの作成には、初期費用はかかりません。

OpenSeaのようなNFTマーケットプレイスに作品を出品する場合のみ、ガス代を支払う必要があります。

すでにデジタルアートを制作されている方は、引き続きNFTアートを制作・販売することができます。

仮想通貨でお金を稼ぐことに興味がある方は、「仮想通貨でお金を稼ぐ方法」の記事が参考になります。

NFTアートを取引する際の税金

NFTアートの売却にかかる税金は、仮想通貨と同様に「その他の所得」として課税されます。

他の収入の合計が20万円を超えると確定申告が必要になりますので、他の投資でも収入を得ている方は注意が必要です。

仮想通貨の税金についてはこちらをご覧ください。

メディアアルゴの公式サイトでは、NFTをはじめとする暗号通貨の独占情報を随時提供しています。

ぜひ、この機会にお友達として登録してみてください。

NFTアートのまとめ

今回の記事では、NFT 始め方 仕組み 作り方 売り方 買い方などをまとめてみました。

本記事のまとめ

  1. NFTでお金を稼ぐには?どうすればいいのか、始め方最新情報
    1. NFTの構成
    2. NFTが偽造されない唯一の正確なデータ
    3. ヒーロー誕生のせきぐちあいみさん
    4. ピカソの絵画 / NFT化
    5. NFTは個人の時代
  2. お金を稼ぐ方法、やり方、始め方、売り方、投資の仕方
    1. NFTのお金を稼ぐやり方
    2. NFTのお金を稼ぐ始め方
    3. NFTの売り方 / 自分で出品(売る)
    4. NFTの投資に仕方 | 関連銘柄への投資
    5. NFTが推奨する関連銘柄
  3. 料金請求
  4. NFTアートの今後の展望と予測
    1. NFTのデメリット
    2. 法律はまだ追いついていません。
    3. NFTアートの今後の可能性と予測について説明します。
    4. NFTチャリティ・アート・プロジェクト
    5. NFTアートトレードの市場拡大。
    6. NFTを利用する機会が増える
    7. すべてがNFTになる可能性を秘めている
    8. NFTアートの作成や取引手数料
    9. NFTアートを取引する際の税金
  5. NFTアートのまとめ

NFTは、デジタル作品がユニークで高額で販売されていることを証明するために使用できる、正確で操作されていない唯一のデータソースです。

NFTアートに投資するチャンスはまだたくさんありますので、できるだけ早くトレードに参加するべきです。

コインチェックは、NFTの取引や仮想通貨の購入に最適な場所です。この機会に、コインチェックの公式サイトで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

NFTでお金を稼ぐ方法について、以下の情報を参考にしていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる