【永久保存版】話題のNFTとは?仕組みや作り方・売り方・買い方などを詳しく解説【デジタルアート】仮想通貨

こんにちは、マツケンです。

今回は今話題のNFTについて優しく開設しますね。

NFTって何なの?悩んでいませんか?

今回は、NFTの最初のハードルである「仕組み・売り方・買い方」についてお伝えします。

この記事を読めば、あなたのこんな悩みが解決できます。

・NFTについて人に聞けないから悩む
・自分の周りにNFTをやっている人がいない
・NFTの作品の作り方を知りたい
・NFTバブルに乗りたい!

マツケン
こんにちは、マツケンです。個人ブロガーをしています。自由度の高い人を増やすための情報を発信しています。

実際、私はブログでは、月に200万円ほど稼いでいます。

そんな私が開設していきますね。初心者でもわかりやすく解説していきますね。

この記事は、私がこの仮想通貨を5年前から始めたことでもあり、お勧めの記事でもあります。最後まで読んでいただければ幸いです。

マツケン
NFTのこの記事では、自分に合ったNFTの作品作りに興味を持って小さなスタートでも切れるようなきっかけになれればいいなと思っております。すぐにヒントが見つけられるようにできます。

この記事の内容をもとに、NFT記事も公開していますので、そちらもお読みください。

さて、ここからが本番です

NFTという言葉をよく聞くようになったのも、一つは、2021年3月、海外のオークションサイトでデジタルアート作品が「約75億円」で落札されたこと。この衝撃な情報が大きかったのではないかと思います。

イケハヤさんや、マナブさんなどのインフルエンサーさんが、数千万のNFT作品を購入したこと、そして何よりも、Twitterの創業者である、ジャック・ドーシー(最高経営責任者 CEO)が、15年前に初投稿したツイートが競売にかけられ、290万ドル(約3億2000万円)で落札されたことが大きなきっかけにもなりました。

投稿した初ツイート(2006年3月21日)には「今ツイッターを設定している」という文章であることはとても有名ですね。share12万回以上、「いいね」は16万件以上です。これが競売にかけられたんです。
NFTは、複製不可能なデジタル資産として永遠に残ります。ちなみに落札したのは、マレーシアのブロックチェーン企業ブリッジ・オラクルのシナ・エスタビCEOさんという方だったようです。

この、NFTデジタルアート作品は、仮想通貨技術を用いた「NFTアート」「NFT作品」と言われており、この話題をきっかけに「NFT」という言葉を知った方も多いのではないでしょうか。

今回は、まだ歴史浅い「NFT」について、あなたが知らなかったNFTのことについてご紹介します。

これでNFTのことがわかるようになります。

この記事から学べること

・NFTとは、デジタルアートと仮想通貨のブロックチェーン技術を組み合わせたものです。
・NFTのアート作品は、ブロックチェーン技術を利用することで、デジタルアートの価値が高まります。
・NFTの作品は、洋服、絵画、音楽、著作物などといった形でで形成されます。
・NFT作品の市場規模は、デジタルアートの世界以外の可能性を秘めています。
・NFTの作品を展示するためのガス代は、今後も増加する可能性があります。

仮想通貨のブロックチェーン技術を用いたデジタルアートNFTの作品には、多くの機能を付加しているだけに限らず、投資対象としても非常に魅力的で、多くの投資家やアーティストが投機目的で取引しています。

NFTアートに興味があってNFTをどこで取引できる場所がわからない場合には、取引する口座をまず開設する手順があります。まずは、口座開設します。無料登録はもちろんですが、ここからがスタートしましょう。

仮想通貨やNFTに馴染みのない方は、まず「仮想通貨(ビットコイン)の始め方」や「仮想通貨(ビットコイン)の買い方」の記事をお読みください。

目次

NFTアートとは?

NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)と言い、ブロックチェーン技術を活用し、デジタルデータの唯一性を表現することができるとされている、絵画、服、映像や画像などと紐付けるたかたちで発行する手段のことを言います。

マツケン
簡単に言いますと、ブロックチェーン技術を使ってデータを管理することで、改ざんできない仕組みになっています。


2021年に入ってから急速に市場が拡大し、NFT連動証券の価格が急上昇してきてます。

次の章では、なぜNFTアートが注目されているのかをご紹介します。

NFTアートの特徴と構造

現在、NFTのアートマーケットは急速に拡大しています。

ここでは、現在人気の高いNFTアート作品の特徴を簡単に説明します。

NFTアートの特徴

・独自性を証明できる
・ごまかしがきかない
・データの作成者・所有者を把握できる(著作物生成)

NFTアートは、ブロックチェーン技術によって様々な機能を備えることができます。

唯一無二の唯一の証明

ブロックチェーンとは?

まず、NFTは基本的にイーサリアムのブロックチェーンを利用しています。

イーサリアムブロックチェーンのERC-721メカニズムを用いて、各デジタルファイルに識別可能なコードを付与します。

これにより、それぞれのNFTが固有のものとして識別できるようになりました。

この機能により、NFTのアートは初めて美術品としての価値を持つことになります。

改善できないようになる

ブロック

ブロック

イーサリアムをはじめとするブロックチェーンは、通信で発生したすべての取引を、各ユーザーが共有する「ブロック」という形で保存し、共有し保管管理ています。

すべてのユーザーがすべての取引の履歴を共有しているため、一人の人間がデータを扱っていても、不正を発見しやすい。

この特徴に加えて、ブロックチェーンは「コンセンサス・アルゴリズム」や「スマートコントラクト」などの様々な技術を組み合わせて、高度なセキュリティシステムを実現しています。

NFTアートは、さまざまな種類の情報を記録できる

ブロックチェーン技術を用いて制作されたNFTのアート作品には、さまざまな付加情報を記録することができます。

例えば、NFTアートの制作者を登録して作品が本物であることを証明したり、NFTアートの購入者を登録して所有権を明確にしたりすることができます。

この情報もブロックチェーンで管理されているので、改ざんされることはありません。

NFT作品の展示・販売方法についてデジタルアートの制作経験があれば、NFT作品の制作にも挑戦できます。

ここでは、NFT作品の制作・販売方法についてご紹介します。

NFTアートの作り方

NFTアートの制作は、デジタルアートの制作と同じです。

つまり、画像の場合は、PhotoshopやIllustratorで作成します。

NFTの作品を販売するにはどうすればいいですか?(販売方法)

完成したデジタルアートをNFTアートとして取引するには、NFTマーケットプレイスで販売する必要があります。

NFTマーケットプレイスで作品を提供するには、以下の手順で行います。

NFTマーケットプレイスでNFT作品を販売するには

・NFTマーケットプレイスにログインします。
・仮想通貨のウォレットを作成します。
・NFTアートの売買に必要な仮想通貨をウォレットに入金してください。
・マーケットプレイスで販売したいNFTアートの販売条件を入力してください。
・販売したいNFTアートをマーケットプレイスにアップロードします。

マツケン
このまま、わからないまま進んでも大丈夫ですよ。

作成するウォレットいう場所があります。それは「メタマスク(MetaMask)」です。これ日本語対応してます。

メタマスクを簡単に言うと、「仮想通貨のお財布」と考えても大丈夫です。メタマスクは、イーサリアムのブロックチェーンと連動させてサービス決済に利用したり、、ブロックチェーンゲームというものと連動させることも可能なんです。

つまり、一言で言うと、イーサリアム上で、稼働する必須ツールのことを言います。

ここまで読んで理解できてなくても、なんとなく分かった方でも、完全にわかるようになるには、体験、経験が必要になります。まずは、「メタマスク(MetaMask)」には、WEBブラウザのGoogleChromeの拡張子のメタマスク(MetaMask)」とスマホ版の2つのタイプがあります。

ウォレットに入金する通貨は、有名なOpen seaなどのNFTマーケットプレイスで通過として採用の「イーサリアム」が断然おすすめです。

よく言われている、「ガス代」と言われているのは、コストのことを簡単に言ってます。

では、NFTアートの作り方、販売方法、展示方法について開設していきます。

その手順は以下の通りです。

NFTアートの作り方、売り方、展示方法。

なお、仮想通貨取引所への口座登録およびポートフォリオの作成は、「NFTアートの購入方法」と同様です。

OpenSeaでアートを販売・展示する方法を説明します。

・オリジナルのアートワークを用意する

・プラットフォーム上で原画の詳細を提供する

・そのファイルをNFTとしてプラットフォームにアップロードします

1、オリジナルのアートワークを用意する。

NFTの作品は、デジタルアート、音楽、映像、画像など、どのようなものでも構いません(ただし、法律に違反する作品や著作権を侵害している作品を除く)。)

ほとんどのクリエイターは、通常のデジタルアート作品を作るのと同じように、PhotoshopやIllustratorを使ってNFTのアートワークを作っています。

自分で作るのが難しければ、制作会社やクラウドソーシングに委託するという方法もあります。

2、プラットフォーム上で原画の詳細を提供する。

今度は、あなたのオリジナルアートをOpenSeaで公開したいと思います。

OpenSeaのメンバー登録が完了したら、早速使ってみましょう。

まず、OpenSeaの公式サイトにアクセスし、画面右上の「Create」または中央の「Create」をクリックします。

すると、「新規記事作成」のページが表示され、作品をアップロードしたり、必要な情報を入力したりすることができます。

いくつかの項目がありますが、*印のものは必須です。

また、作品の詳細な説明を記載した「Description」にも記入しておくと、作品の内容を理解しやすくなるのでおすすめです。

すべての情報を入力したら、画面下部の「作成」をクリックします。

3、そのファイルをNFTとしてプラットフォームにアップロードします。

上記の手順を完了すると、オリジナル作品の詳細が表示される画面が表示されます。

この段階では、リストアップのプロセスはまだ完了していません。

求人情報を正式に掲載するには、詳細画面の右上にある「販売」をクリックします。

これにより、販売方法を指定する画面が表示されます。

販売方法には、

・定価販売

・最高入札(オークション)

・バンドル(グループ販売)

の3種類があります。

最高入札の場合は、

・開始価格

・最低価格

・オークション期間を選択

・入力するだけです。

すべての設定が完了したら、「広告の設定」をクリックしてください。

以上で、商品の販売・出品に関するすべての手続きが完了します。

Coincheckに口座を開設し、NFTアートの出品・販売の第一歩を踏み出しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる