ライティングのプロが指導する初心者でもプロ並みの文章が書けるようになる7つの文章テクニック

マツケンです。自由度の高い人を増やすための情報を発信しています。

この記事で解決できる悩み

・文章の書き方がいまいちよくわからない

・反応が取れる文章構成を知りたい

・検索上位に並ぶ文章力を身につけたい

・文章を書く注意点やコツを知りたい!


ワンワン
プロ並みの文章力が身に付く方法について詳しく知りたいです。

マツケン
この記事を読めば、文章力の仕組みもわかります。

この記事を読めば、これらの問題を解決することができます。

わかりやすくご説明します。

実際、私はブログで

月に200万円ほど稼いでいます。

今回は、好きな記事を書くだけでは無理な理由と、記事をプロ並に時間効率よく書きたいと思っている人が身につけておくべき基本的なスキルについて説明します。

文章力に必要なすべてのスキルを習得する必要はありませんが、最低限の対応はできるようにしておきましょう。

マツケン
文章でキッチリ収益を上げてる私がお答えします。

ビジネスの世界では、以前にも増してライティングスキルが非常に重要なスキルになってきています。

例えば、広告やダイレクトメールなど、消費者に向けたメッセージは、文章力に大きく依存しています。

アプローチの成否は、あなたが書くメールや手紙の内容にかかっています。

考えてみれば、私は就職する前の学生時代から、たくさんの本を読み、週に2〜3本のエッセイを書き、大学で論文を発表していました。

そして、そうやって培った文章力が、ビジネスの様々な場面で役立っていることを実感しました。そこで今日は、私が実際に使っている7つのライティングテクニックをご紹介したいと思います。

それを守っていただければ、あなたの文章は限りなくプロに近いものになることをお約束します。

目次

ストレス感じない”文章の書き方”7ステップ

伝えたいことを明確にする

「何を言いたいのか」という明確な目的を見出しごとに設定します。結論と理由(Conclusion + Reasons)を多用するのがおすすめです。文章の方向性を決めるわけです。
伝えたいことを明確にすることで、文章の方向性が定まり、説得力のある文章を書くことができますよ。

逆に、言いたいことがはっきりしていないと、まとまりのない文章になってしまいますので、注意が必要です。….

同じ文末を連続して使わない

××:不適切な例

ブログを運営しているなら、140文字制限のTwitterは重要です。Googleの検索アルゴリズムだけに頼っていると、アルゴリズムのアップデートで順位が下がったときに大変です。

◯:適切な例

ブログを運営しているなら、Twitterは重要ですよ。なぜなら、 Googleの検索結果だけに頼っていると、アルゴリズムのアップデートで順位が下がったときに大変ですよね.。

どうでしょうか?多くの人が、「◯:「適切な例」の方が人間味がある」と感じると思います。

同じ文末を2~3回連続して使うと、機械的で人間味のない文章になってしまいます。
ここでは、参考までにフレーズの語尾のバリエーションをご紹介します。

フレーズエンドのバリエーション
文末:です、ます、ですよ、〜ね、〜ですね、〜かといえる、〜と、〜する、〜をください、「…」、「! …」、「?

ラウンドアバウト(回りくどい)な表現を避ける。

推奨しない例

ブログでお金を稼ぐためには、記事の量と質のどちらが重要かご存知ですか?ブログでお金を稼ぐためには、何が重要なのか知っていますか?それとも品質ですか?このテーマについては様々な議論がなされています。これは私の個人的な意見ですが、「品質」の方が重要だと思います。

適切な例

ブログで稼ぐためには、記事の質が重要です。なぜならば・・・、

ユーザーは必ず「答え」を求めてブログ記事を読むので、必ず結論を先に書いてください。

もちろん、「質問、遠回しな表現」を意図的に使う場合もありますが、これは初心者には向かない手法ですので、注意が必要です….

高い反応率を得るための3種類のヘッドラインを知る。

ライティングで最も重要なのは、ヘッドライン(タイトル)です。なぜならば、8割の人がタイトルだけで記事を読み続けるかどうかを決めるからです。タイトルは書かれた記事の中で最も重要な部分です。では、次の2つの見出しを見てください。

1、間違った言葉を使っていないか心配ではありませんか?
2、このような表現上のミスをしていませんか?

二つの文章はとても微妙で、一見するとあまり感じられないかもしれません。

しかし、1と2を比較すると、実際には2の方が高い回答を得ています。なぜかというと、1は「何か厳しい説教や売り込みなのかな」と思われてしまうからです。一方、2つ目は、「もしかしたら言葉の使い方が間違っているかもしれないから、確認してみよう」と思ってもらえる可能性が高いです。

そんな微妙なニュアンスの違いが、読まれる可能性を大きく変えてしまうのです。反応率の高いヘッドラインには、いくつかの「タイプ」があります。それが以下の3種類です。

反応率の高い3種類のヘッドライン

1、ベネフィットの強調:最も安定した結果が得られるのがこの方法です。例えば、「明日の目覚めがスッキリするような質の良い睡眠をとるには」とか、「集中力を高めるには」など、相手の立場に立って考えてみましょう。

2、また、ニュース性のあるタイトルは、読者の目に留まりやすい。例えば、「2021年に大ブレイク間違いなしのスタートアップ企業」や「Appleが4月1日に新製品を発表!」などです。

3、好奇心:前2者に比べると当たり外れがありますが、好奇心を刺激するタイトルは、時に大きな成果をもたらします。「スタジアムでスポーツ観戦をしたら、ど迫力で人生が変わった!!」みたいな。

ヘッドラインを作る際には、まずこれらのパターンを試してみて、その答えを確認してみてください。また、新聞や雑誌、パソコンをしながら、気になる見出しを見つけたら、それを独り占めすることも大切です。

文章について詳しく知りたい方は、「バカ売れキャッチコピーをサクッと作るためのプロが伝授する4つのテクニック」をお読みください。

高反応率の5種類のヘッドラインをご紹介します。

タイトルの次に大事になるのは、最初の文章、出だしが最も重要です。見出しに興味を持ち、本文を読み進めたいと思った読者は、必ず最初の一文を読みます。この最初の文章が、読者の心をつかんで離さないものであれば、精読率は飛躍的に高まります。

突然ですが、こんなことを想像してみてください。

お気に入りのジャケットが古くなってきたので、長く着られるダウンジャケットを探しに行きます。歩いていると、「世界のセレブが着ているクールなジャケットの新商品が登場!」という看板が目に入る。「新品のジャケットが入荷しました!」という看板が目に入ります。興味を持った彼は、その店に入ってみることにした。

すぐにセールスマンが寄ってきて、「今のトレンドは花柄のシャツですが、どうでしょうか…?あなたならどう思いますか?きっと気持ち悪くなってお店を出てしまうでしょう。店員はお客様の興味を引くことができなかった。

実は、この社員と同じようなことをするフレーズはたくさんあります。自分の文章で同じ失敗をしないためにも、効果的な冒頭の書き方を学んでおきましょう。

書き出しの5つのタイプ

サプライズな始まり方:予想外のストーリーや、型破りな展開で読者の興味を引く方法です。例えば
タイトル:「世界初の香水が誕生した ○○○○」
冒頭の文章:「私は2匹のイタチと一緒に檻に閉じ込められていました。」

びっくりするような入り口。驚きというよりも衝撃的なエントリー。例えば
見出し:「夫婦でより良い晩婚ライフを送るための秘訣」
見出し:「昨夜、私が寝ているすきを狙って、そして、お金は…」

テレビ的文章:これは文字通り、テレビ番組でよく見かけるパターンです。例えば
イトル:「60秒後、あなたは感動せずにはいられない。」
:「その瞬間、乗客全員が喜びの涙を流した。」

前置き:本文の内容を短く告知して文章を始める方法です。例えば
タイトル:「新しい薬を発表。」
見出し:「10年前には治療法がありませんでした」と始める。

引用で始める:誰もが知っていて、読み手の注意を引くような力強い引用で文章を始める方法です。例えば
タイトル:「5年以内に独立したい人へ」
冒頭の文章:「この世界には一つの道だけではありません。100本、1000本、100万本の道がある。」

どうでしょうか?冒頭の文章にちょっとした工夫をするだけで、読み手が最後まで読み続けてくれる可能性がぐっと高まります。タイトルとのバランスを考えて、文章を始めてみてください。

3段論法を利用して より説得力のある文章にしましょう。

自分の文章に十分な説得力がないと感じたら、3段論法を使って文章を組み立ててみましょう。3段論法は、おそらく最も広く使われている説得テクニックの一つで、具体的には以下のような論法をとります。

・AはBです。
・そして、BはCです。
・つまり、AはCです。

心理学の実験によると、三段論法を使った場合と使わなかった場合では、説得の効果に3倍の差があったそうです。

例えば、飛行機のチケットを買うために並んでいるとします。飛行機のチケットを買うために並んでいると、出発の30分前になってしまいます。その時、あなたには

「列を譲って頂けませんか?」 とか

あるいは、「私が乗らなければならない飛行機は、30分後に出発します。あの飛行機に乗らないと、会議に遅れて大損してしまう。列を譲っていただければ、会議に間に合います。譲っていただけませんか?」

「私は会議に遅刻します。」と言えば、列を譲ってくれる可能性は大きく変わります。

この三段論法を用いた説得力の高い文章構成は、ピラミッドストラクチャーと呼ぶことができます。

(下図参照)

ライティングの基本が身についていれば、説得力のある文章を作ることは難しくありません。

2つの修正方法で文章の質を2倍にする

文章を書くたびに、記事を修正する習慣をつける。文章の添削には、以下の2つの方法が効果的です。

・書く量を半分にする。
・周りの人に率直な意見を聞いてみましょう。

ひとつひとつ説明していきましょう。

まず、良い文章の秘訣は、何も考えずに量を意識して書くことです。その後、不要な部分をカットします。一般的に、不要な部分が削除されていればいるほど、品質は向上します。しかし、最初から文字○○○○ の中に文章を収めようとすると、品質は向上しません。

そのため、例えば記事を1,000文字以内に収めたい場合は、まず2,000文字を書いてから不要な部分をカットします。これだけで、文章の質が大きく向上します。

また、自分が書いた文章について、信頼できる人に意見を求めることも有効です。ほとんどの人は礼儀正しく、自分の率直な意見を言わないでしょう。そのため、相手の本音を引き出すような聞き方をすることが大切です。

例えば、記事のタイトル用と記事の冒頭用の2つのスキームを用意して、どちらがいいか聞いてみる。そうすれば、相手も答えやすくなります。文章を読むか読まないかで、彼らの文章力には大きな違いがあります、真剣に考えてください。

文章を書くときの3つの姿勢を知る


書くことと1対1のコミュニケーションには、共通点があります。つまり、人を惹きつけるためには熱意が不可欠なのです。そのため、いざ書き始めようとすると、なかなかエンジンがかからず、最初の数時間が無駄になってしまうことが多いのです。

しかし、文章を書くときの3つの心構えを知っていれば、この問題から解放されます。その3つの姿勢とは以下の通りです。

うまくいくまで書き続ける:最初はリラックスして作業を続けてみてください。そうすると、だんだんとリズムが出てきます。それまでに書いたものは使えないかもしれませんが、エンジンがかかってしまえば問題はありません。

人に手紙を書くように書く:このように考えてください。このように考えると、『そういえば、あいつこんなことで悩んでいたな、この記事なら悩みは解消できるはず』ということになります。完成したブログ記事に自信が持て、完成したら送ろうとする行動にも発展していいきます。身近な人を思い浮かべながら書くと、現実味のある素敵な記事になります。

タブーや人の意見を恐れてはいけない:「こんなことを言ったら批判されるかもしれない」という気持ちは忘れてください。私は誰よりも知っているし、「この記事は他のどの記事よりも役に立記事」と自分を納得させてください。自分を熱意を聞いてもらう。

あなたの熱意は、読者にも伝わります。エンジンがかかったら、書くのをやめてはいけない。今、自分の頭の中にあるものをすべて書き出さなければ、5分後にそのアイデアを取り戻すことはできない。そんな気持ちで書いてください。

熱意のある文章は、後で修正してトーンを和らげることができますが、熱意のない文章に熱意を加えることはできません。

書くことはコミュニケーションの手段


書くということは、情報や意思を伝える手段であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

そのため、伝えたい情報をできるだけわかりやすく伝えることに注力します。あるいは、読み手にできるだけ意図が伝わるように工夫する。

このように読み手を意識して書けば、自然と素晴らしい文章が書けるようになります。もちろん、その際には、今回ご紹介した7つのテクニックを実践していただきたいと思います。

まとめ

  1. ストレス感じない”文章の書き方”7ステップ
    1. 伝えたいことを明確にする
    2. 同じ文末を連続して使わない
    3. ラウンドアバウト(回りくどい)な表現を避ける。
  2. 高い反応率を得るための3種類のヘッドラインを知る。
    1. 反応率の高い3種類のヘッドライン
  3. 高反応率の5種類のヘッドラインをご紹介します。
  4. 3段論法を利用して より説得力のある文章にしましょう。
  5. 2つの修正方法で文章の質を2倍にする
  6. 文章を書くときの3つの姿勢を知る
  7. 書くことはコミュニケーションの手段

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる