ランディングページ(LP)のコンバージョン(CV)を確実に倍増させる20の改善策

ランディングページのコンバージョンを最大化する唯一の方法は、テストと改善を繰り返すことです。

アメリカのテスラや、トヨタ自動車などの大企業ですら、日々改善、テストを繰り返してます。(有名なトヨタ方式が生まれました。)

ほとんどの方は、一度ランディングページを作っただけで放置しているのではないでしょうか。

あるいは、コンバージョンを高めるためのテストの重要性は理解していても、テストするのは難しすぎると思っている人もいるでしょう。

ユーザーが納得するコンテンツ設計の重要性

 実は、ランディングページをテストする際には、一度にすべての要素を変えるのではなく、少しずつ変更していくことで、1回のテストを効率よい時間を使うことで作業は結果少なく済むことになります。

また、テストすべきことがわかっていれば、問題なく進めることができます。

そして、テストをすることで、コンバージョン率が2最大化されます。そこで今日は、確実にコンバージョンを倍増させるランディングページの改善方法を20個ご紹介します。

目次

ランディングページのフィードバックテスト

ランディングページを実際に公開してテストする前に、オフラインでできる簡単なテストをしてみましょう。テストは、ランディングページの効果を高い精度で判断するのに役立ちます。

マツケン
ここのブログ記事では、テストの仕方も合わせて解説してます。最後のまとめまでじっくり読み進めてみてくださいね。
ワンワン
うれしい〜ワン!

5秒テストでLPの第一印象を測定します。

ランディングページの最初の部分を5秒間見てもらいます。そして、画面を閉じて、印象に残ったことを聞いてみましょう。ランディングページで商品のコンセプトが伝われば、求めていた答えが得られるはずです。

納得のいかない反応が返ってきたら、そのランディングページはあなたの求めるものが伝わっていないということです。その場合は、キャッチコピーや箇条書き、CTAボタンの配置などを見直してみましょう。

身長テストでLPの重視するポイントを確認する。

ランディングページの上部を印刷して壁に貼り、自分の身長くらいの距離から見てみましょう。ランディングページを遠くから見たとき、どの部分が一番印象的に見えますか?

ここが重要なんです。キャッチコピーやCTAボタンが印象に残らなければ、そのランディングページには問題があります。

ベストカスタマー(濃い優良ファン)からのフィードバックを得る。

商品だけでなく、会社に対しても、ランディングページのレビューをしてくれるよう、優良顧客に依頼しましょう。もしあなたがニュースレター・マーケティングを行っていて、良い顧客リストを持っているならば、あなたに協力してくれる良い顧客がたくさんいるはずです。

感想をもらったら、お返しに私は、謝礼やお返しなどをするようにしてますね。

テストターゲティング

コンセプト設計でも書きましたが、成功するランディングページを作る上で、ターゲティングは非常に重要な要素です。同じ商品でもターゲットの選択を間違えると、何の成果も得られません。逆に、適切なターゲットを選ぶことができれば、平均的な文章やデザインでも商品は毎日売れるようになるでしょう。

セグメントごとに回答率を測定する。

リーチする場所狙いです。特にセグメントからの属性は重要です。ターゲットよりも具体性があります。年齢や属性、リストの出身地(コンバージョン元)などの指標をもとに、リストをいくつかのセグメントに分け、ランディングページに誘導します。同じランディングページであっても、リストの属性によってレスポンス率は大きく変わります。

各セグメントの反応率の違いを測定することで、どのオーディエンスに焦点を当てれば売上を最大化できるかがわかります。

ランディングページへのトラフィックのソースを測定する

ランディングページへのトラフィックのソースを測定します。”検索エンジンから来ているのか” “SNSから来ているのか “関連ページから?” 主なトラフィックソースによって、ランディングページに記載すべき内容は変わってきます。

コピーライティングテスト

私は、ランディングページのデザインよりも、テキストそのものが重要だと考えています。どんなに素敵なデザインでも、文字が読みにくかったら、まったく受け付けません。逆に、デザインが平凡でも、伝えるべき文章が読みやすく、アレンジしやすいものであれば、素晴らしいものになります。

野球の練習もしないまま、野球の試合に望むために、ユニフォームやスパイク、帽子などを新調するようなものです。

結果、試合に勝てるわけがなく、ユニフxー無駄けがかっこよくできているって感じの結末みたいなものです。

ポイントは、コピーにおいて最も重要なポイントなので、繰り返しテストしてみてください。

タグライン(キャッチコピー)の文言のテスト

私の経験では、キャッチコピーはランディングページのコンバージョンに最も大きな影響を与えます。そのため、私はキャッチコピーを繰り返しテストします。例えば、キャッチコピーで紹介されている「新規性」「価値」「利便性」などの要素によって、反応が変わってきます。

バカ売れキャッチコピーも合わせて読んでみてくださいね。↓

(CTA)コールトゥアクションの文言をテストする。

CTA(Call to Action=コールトゥアクション)ボタンの表現が違うだけで、コンバージョン率に大きな差が出ます。例えば、”ダウンロード(download) “を “無料ダウンロード(free download) “、”購入(purchase) “を “お申し込み(order) “に変えてみると、どのような違いが出るか試してみてください。

コピーの各要素の配置を見直す


コピーライティングは、トップコピー、ボディーコピー、クロージングコピーの3つのパートで構成されています。

  1. トップコピー
  2. ボディーコピー
  3. クロージングコピー

また、ボディコピーには、商品を使うことで確実に得られる「結果」、お客様の声としての「保証」、過去の実績を示す「自信」、商品の効果の確かさを科学的かつ論理的に伝える「証明」の4つの要素があります。

・商品を使うことで確実に得られる「結果」

・お客様の声としての「安心」

・過去の実績を示す「信頼」

・商品の効果の確かさを科学的かつ論理的に伝える「実証」

また、最終的な文章には、商品の価値を伝える「希少性」、ここでしか手に入らないことを示す「限定性」、今すぐ決断するための「緊急性」の3つ要素があります。また、これらの要素を配置する順番も、コンバージョンに大きく影響します。

・最終的な文章には、商品の価値を伝える「希少性」

・ここでしか手に入らないことを示す「限定性」

・今すぐ決断するための「緊急性」

何度かテストして最適な配置を見つけてください。

デザインテスト

デザインをテストする際には、見た目ではなく、機能性を確認する必要があります。特に、繰り返しテストしてください。

CTA、画像、動画の配置を変更しました。

コピーライティングの各要素の配置でコンバージョンが変わるように、CTAボタンや画像、動画などのグラフィック要素の配置もコンバージョンに大きな影響を与えます。これらのグラフィック要素の配置を何度もテストします。

また、不要と思われる画像や動画の削除も検討してください。

ヒートマップを使った視線の測定

ヒートマップソフトを使って、ランディングページの中で訪問者の視線がどのように動くかを観察します。ヒートマップは、前述のようにCTAや画像、動画をどこに配置すべきか、大きなヒントを与えてくれます。

ヒートマップ解析ツール。
mouse flowなど解析ツールには様々なものがあります。マウスの動き、目線の置き場所など、色分けやグラフなどで解析を行うツール利用も日常に必要な解析ツールです。

グーグルアナリティクス(Google Analytics)

Pt engine

1つのデザイン要素から別のデザイン要素への変更

デザインを変更する際には、ランディングページ全体を完全に変えるのではなく、文字の大きさやボタンの大きさ・色など、1つの要素から始めます。一度にすべてを変えてしまうと、それまでに計測したデータがリセットされてしまい、科学的に改善度を測ることができなくなってしまいます。

変えるときは、大きく変えよう。

文字の大きさ、ボタンの大きさ、色などを変えるときは、一目で違いがわかるように大きく変えるようにしましょう。わずかなオフセットを修正したり、ボタンに影をつけたりするような小さな変更は、コンバージョンにはほとんど関係ありません。

変更するときは、一目で違いがわかるようにして、その変更がコンバージョンに与える影響を確認できるようにしましょう。

自分が何をしているのかを理解した上で、小さくて細かい変更を加えていく。

テストの準備の仕方

高いコンバージョンを獲得するためにランディングページを改善する際に注意すべき点です。

結果が出ていないことを認める

ランディングページの制作者にとって、自分のページがコンバージョンを生んでいないという事実を直視することは非常に難しいことです。

しかし、自分に厳しく、数字だけで判断することを心がけてください。

ランディングページの判断基準は、数字以外にありません。どんなに優秀なコピーライターやデザイナーであっても、最初から結果の出るランディングページを完成させることはできません。

優秀な成績を残せるか、平凡な成績にとどまるかは、

・「どれだけ結果、数字にこだわれるか」

・「数字を実現するための情熱を持っているか」

・「数字を実現するための情熱を持っているか」

にかかっています。そして、

テストごとに目標を設定する

ランディングページの各要素をテストしながら、それを改善することでどのような結果が期待できるのかを想定する習慣をつけましょう。

テストを繰り返すたびに、自分の仮説はどんどん正確になっていきます。時間が経てば、ランディングページを見ただけで、どのような変更を加えるとどのような結果になるかを高い精度で予測できるようになります。目標とするコンバージョン率に達した後も、数値の測定を続ける必要があります。

ランディングページには寿命があり、いくら数値が高くても、いずれはコンバージョンが減少します。このような場合、コンバージョンを維持、あるいは増加させるためには、別の方法でページを表示することを検討する必要があります。

ランディングページの改善には終わりがないことを知ってください。

テストを繰り返し、精度を高める

このように、ランディングページのテストを継続的に行うことで、コンバージョンを生むページの形がはっきりと見えてきます。コンバージョンを生み出すために何が必要かを明確にしておけば、最初から高い数値を生み出すランディングページを作ることができます。

テストを繰り返すことで、知識や技術が磨かれていきます。そして、それに伴って製品の売り上げも伸びていきます。

テストというと地味な印象がありますが、やってみると自分のスキルが上がり、会社の売上も上がるので、とてもやりがいがあります。

ご参考になれば幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる