バカ売れキャッチコピーをサクッと作るためのプロが伝授する4つのテクニック

ビジネスを成長させるためには、売れるキャッチコピーをサクッと作る能力が不可欠です。

なぜなら、キャッチコピーは、ランディングページやメールマーケティング、広告だけでなく、ダイレクトメールやパンフレット、チラシ、吊り広告など、あらゆる販売ツールに必要だからです。

平凡で意味のないキャッチコピーでは、そもそもいくら宣伝しても注目されず、まったく売れません。一方、優れたキャッチコピーは、商品を買ってくれる人の興味をダイレクトに引きつけ、広告費をはるかに上回る売上を生み出します。

そこで今日は、私自身がよく使っている、とんでもなく成功したキャッチコピーを素早く簡単にサクッと作る方法を詳しくご紹介します。

このような売上に直結するキャッチコピーを書いたことがない人でも、「騙された」と思ってこの方法を試してみてほしい。あなたのキャッチコピーが今まで以上に売れるようになることをお約束します。

目次

① ターゲットを「今、商品を必要としているお客様」に限定する。

キャッチコピーをサクッと作る上で、まず最も重要なことは、ターゲットの選定です。最も簡単な方法は、今、商品を必要としている人を特定することです。

ターゲット=「今、あなたの商品をすぐに必要としている人」です。

例えば、資格試験で合格するためのコツが書かれた教材を販売する場合、次の2種類のターゲットのうち、どちらが商品の必要性を感じるでしょうか。

・半年後の試験に向けて勉強法を模索している人
・テストが来週に迫っていて、質も量もない状態で慌てて勉強している人。

言うまでもなく、答えは後者です。後者の頭の中にはこのようなものがあるからです。

“締め切りが近づいています…. 解決策を模索しましたが、無理かもしれません。どうか、誰かこの状況を打開する方法を教えてください。そのためなら今何でもしますよ

その時に、「この教材を使えば、今からでも目標スコアが取れるよ」と言われたら。そのためには何でもしますよ。つまり、キャッチコピーを書くときに最も重要なのは、「今、商品を必要としている人」をターゲットにすることです。

例えば、次の2つのキャッチコピーを比較してみてください。

・合格のための基礎知識が学べる人気教材です。
・高得点獲得の秘訣を伝授する人気のテキストです。

1つ目はよくあるキャッチコピーで、深いターゲットではありません。2つ目は、すぐにスコアを上げる方法を知りたい「今すぐのお客様」をターゲットにしています。例えば、テストが待っているとしたら、どちらが一番強い興味をそそられますか?

11年の経験則上、7〜8割の人が2番目のものを選ぶと思います。

あまり変わらないように見えるかもしれませんが、ターゲットを「今のお客様」に限定するだけでも、大きな違いがあります。

これは、商品やサービスの種類に関わらず同じです。

大事なことなので、繰り返しますね。キャッチコピーを書くときは、今、商品を必要としている人の顔を思い浮かべてください。キャッチフレーズを書くときには、今、あなたの商品を必要としている人のことを考えましょう。

そうすることで、表面的にはわずかな違いであっても、平凡なキャッチコピーが驚くほど大きな反響を呼ぶキャッチコピーに変わります。

② 数字で人の心を引き寄せる

数字で具体性を出すターゲットを「今、自社製品を必要としている人」に絞り込んだところで、次のステップに進みましょう。次に必要なことは、キャッチコピーに具体性を持たせることです。

具体的な内容とは、あなたの製品やサービスを受け取ったときに起こることです。

具体性=あなたの商品やサービスを受け取ったらどうなるのか?

例えば、「テストまであまり時間がない人のための教材」を例に挙げてみましょう。このキャッチコピー自体は素晴らしいものですが、この商品を手にしたら何が起こるのか、読者にはまだわかりません。つまり、具体性がないのです。

では、どうすればいいのか。キャッチコピーに数字を加えれば、以下の2つの具体性が出てきます。

  1. 結果の具体性
  2. やるべきことの具体性

まず、上記のキャッチコピーに具体性を持たせるための数字の入れ方です。

わずか7日間で79%の生徒が100点アップしました。試験で高得点を取るための秘訣を示した教材です。

このように、キャッチコピーに「結果を示す数字」を加えるだけで、読者は「商品を手にした後の未来」を容易に想像することができます。

また、以下のように、「結果」を得るために「やらなければならないこと」をより具体的に示しています。

わずか7日間で79%の生徒が100点アップ!?試験で高得点を取る人が使う5つの出題パターンの基準。

だから学生は、”100点アップするには、5つの問題パターンをマスターすればいいんだ “と思えるようになる。そして、その答えはこの資料の中にあります。つまり、読者はキャッチコピーを理解することができるのです。

つまり、キャッチコピーを見ただけで、読者は望む結果を得るために何をすればいいのかがわかるのです(100点満点の出題パターンの改善)。

ですから、キャッチコピーには「結果の具体性」と「やるべきことの具体性」の2つを盛り込むようにしましょう。簡単にできますよね。以下の2つのテンプレートに沿って、キャッチコピーを改善していきましょう。

特異性を高めるための2つのテンプレート

成果に具体性を持たせるためには、製品やサービスの成果を次のように言い換えることができます。

結果に具体性を持たせるためのテンプレート

・3日で不眠症が解消され、よく眠れるようになりました
・フルマラソンを3時間以内に完走した人が1万人に達した
・83%の参加者が7日間で体脂肪を2%減少させました

行動に具体性を持たせるために、製品やサービスを以下のように言い換えることができます。

やるべきことに具体性を持たせるためのテンプレート。

・TOEICを最短で制覇するための7つのルール
・歌うときに高い声を出すための3つのパターン
・方法、ヒント、問題、法律、秘密など。

③ シンプルさの追求

ここまでのステップを踏めば、

(1)ターゲットが絞られていて、
(2)具体的なキャッチコピーができているはずです。

これだけでも十分にキャッチーなのですが、さらに良いキャッチコピーにするための秘訣がもうひとつあります。

その秘訣は、キャッチコピーに「シンプルさ」を加えること。
簡単に言えば、「シンプル」という言葉は、「自分でできる」と思わせるものです。

シンプルさ=自分でできると思わせる言葉です。

具体的に説明しましょう。例えば、「たった7日間でTOEICの点数を100点アップ」という言葉を見て、多くの人が「1日に何時間勉強したの?もしかしたら1週間缶詰になっていたのではないか」と、結果を得るために支払った対価に無意識に注目してしまう。

すると、「やっぱりダメかも……」という不安が表面に出てきて、モチベーションが下がってしまうのです。当然、読者がこのような反応をしてしまうと、その後どんなに頑張ってメッセージを伝えようとしても、二度と商品を売れません。

このような事態を避けるためには、キャッチコピーに次のような便宜的な文言を加えるとよいでしょう。

1日1時間の勉強を7日間続けただけで、79%の生徒が100点アップしましたTOEICで高得点を取る人には5つのパターンがあります。

どうでしょうか?そのため、100点アップするためには、テストの7日前から1日1時間勉強すればいいと理解してもらえるかもしれません。そして、「自分にもできる」と思ってもらえる。

つまり、シンプルさを加えるということは、先に述べた具体的な成果

  1. TOEICスコア100点アップ
  2. そのためにやるべきこと5つの質問パターンの抑制

「どうやってやろうかな?(1時間の勉強)」と伝えるのであります。

商品やサービスの中には、実践者に多大な労力を必要とするものがあります。

例えば、3ヶ月でムキムキな体になるためのジムトレーニングや、どんな商品でも、売れる営業マンになるための営業トレーニングなどです。

そのような場合には、プログラムの途中で失敗することへの不安を解消するようなフレーズを入れるべきです。例えば、”途中で挫折しないように、何度でもフォローします “といったシンプルな文章です。

・実力がつくまで無制限のフォローアップ
・参加者の83%が1年で年収をアップさせたセールストレーニング
・平凡な営業マンでもトップセールスマンになるための営業術

つまり、キャッチコピーにシンプルさを加えて「自分にもできそう」と思わせる基準は2つある。それぞれのパターンで伝えるべき「シンプルさ」は異なります。

実践しやすい製品・サービス:製品やサービスを手に入れた後に実際にすべきことが簡単であるという記述を加える。

導入に多くの労力を要する製品/サービス:アフターサービスが充実していることを伝える文言を加えることで、商品・サービスを手に入れた後にお客様が不満を抱くことへの不安を軽減します。

④ 一度にすべてを語ろうとしないでください

最後に、コピーライティングの基本をおさらいしましょう。ランディングページやメールマーケティング、広告だけでなく、ダイレクトメールやパンフレット、チラシ、吊り広告は、大きく分けて、以下の3つの部分で構成されています。

トップコピー(キャッチコピー):ターゲットの興味を引き、読み続けてもらう。
ボディーコピー:ターゲットに商品を欲しくさせる。
クロージングコピー:ターゲットに購入行動を起こさせる。

このように、キャッチコピーの機能は、一文でターゲットの注意を引き、無意識に読み進めてもらうものです。そして、本文とクロージングは、読み手に商品を欲しくさせ、購入させる役割を担っています。

つまり、キャッチコピーでは、商品の良さを正確に伝える必要はなく、今すぐ買うべき理由を伝える必要もありません。キャッチコピーにターゲットの注意を引く以上の要素が含まれていれば、読者は満足してそれ以上は読まないでしょう。

次の一文を読み進めるためのコピー

キャッチフレーズを書く際には、「このキャッチフレーズは、ターゲットとなる読者に読み続けたいと思わせるものか」ということを常に考えてください。キャッチコピーを書くときには、常にこの思いを頭の片隅に置いておきましょう。そうすれば、常に多くの反応を得られる素晴らしいキャッチコピーを書くことができるでしょう。

まとめ

最後に、確実に「効く」「効果ある」キャッチコピーをサクッと作るための秘訣をご紹介しましょう。

今、あなたの商品を必要としている人をターゲットにする
数字で具体性を持たせる
  ー結果については、何をすべきかを具体的に説明してください
シンプルさを加える。
  ー使いやすい製品であれば、そのシンプルさを伝える。
  ー製品が簡単に使用できる場合、その簡単さを言う
  ー製品が使用するために多くの努力を必要とする場合、その簡単さを言う

ぜひ、この方法でキャッチコピーを改善してみてください。すぐに反応率が2倍になります。倍増します。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる