わずかブログ1記事で月213万円稼いだブログ記事の書き方⑩ステップ

この記事で解決できるお悩み

こんなお悩みありませんか?

  • ブログ記事の書き方がわからない?
  • ブログ記事が収益にならない?
  • ブログ記事を読んでもらうには

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

この記事を書いている私は、マーケティング歴11年
ブログ経験が、7年ほど。ブログで月商7桁を稼き続けています

こういった私が、解説していきます。

目次

記事やヘッダー数字挿入箇所確認

  • △:不適切な例
  • 300件の実績で成果率80%
  • ◯:適切な例
  • 324件の実績で成果率84%

「数字」を具体的に入れる事だけではなく、再来細かな数字を表示させることで読み手に説得を与えます。

数字を入れることは、とても大事ですが、更なる具体性がとても大事です。

記事制作後、1度読み直す

文章を書いたら、「おばあちゃんにでも理解できる読める文章か?」になっているかの確認も大事なんです。

  • 専門用語が入っていないか?
  • カタカナばかり目立ってないか?
  • 文章だけがやたら長くないか

確認してみると、意外に、多いことが気がつくはずです。
もう少し簡単な文章になっているかを確認してみましょう。

そうすることで、離脱から、記事全体を見ようと始めます。
読まないことが前提でも、読者へ優しさを表す記事にしていきましょう。
「”難しい表現や単語”を避けて、誰でも理解できる文章」を書けるように意識を持ちましょう。

伝えたいことを明確に

見出しは、読者が気になる内容、悩みを解決できそうな文言になっているか?
自分よがりの、できる、知ってる、教えることができるなどのになってないかをチェックしましょう。

見出しから「何を伝えたいのか?」という明確なゴールを3〜4行の短い文章でまとめましょう。見出しの文章の流れは、「結論+理由」、さらに「ベネフィット」の方向性を決めるのがポイント。

自分がどうしたいかでなく、読者にどうなってもらいたいかを考えます。伝えたいことを明確にすることも大事ですが、伝わっているかという視点がで文章を書くと方向性が定まり、説得感を与えられる文章が書けるようになります。

逆に、ブレる原因は、伝えたいことを明確にすることです。まとまらない文章になってしまうので注意しましょう。

記事は、感情を刺激する読みやすい文章構成にする

目的は、読者にストレスを感じない文章で構成する記事にすることです。
読者は、記事を読み進めることで考えない修正があります。考えさせる文章は、ストレスを感じて読み進むことをしなくなります。そこで、論理的な文章構成、感情に刺激する文章構成にすることです。

私は以下の「文章の流れ、構成」を整えてます。

文章の流れ

プレップ法=PREP法で結論、理由、具体例、結論で説得力増すために

  • 結論:まず記事で伝えたいこと
  • 理由:なぜならば、なぜ?
  • 事例 :314件中、成約278件
  • 具体例:申込み人数に対して何件制約になったかの具体例
  • 再度結論:ポイント、結論を繰り返す、まとめることで、再度記憶を引き上げます。

「結論→理由→具体例→再度結論」が基本の型です。
「根拠、反論への理解」、この流れもあります。

  • POINT=ポイント、結論
  • REASON=理由
  • EXAMPLE=事例、具体例
  • POINT=ポイント、結論を繰り返す

PREP法と覚えておいてください。

実体験や、経験があることを砂を伝えると、わかりやすいと思います。

記事全体の装飾でインパクト与える

接続詞をたくさん使う。

  • 理由:なぜなら、理由は、その理由は、根拠は、理由は1つ
  • 具体例:たとえば、具体的には、つまり、分かりやすく言えば、〜がいい例です、実際に、
  • 反論への理解:しかし〜、その一方で〜、逆に〜、もちろん〜
  • 再度結論:繰り返しになりますが、というわけで、そのため、大切なのは、要するに、おさらいです

上記を参考にして接続詞のバリエーションを増やしましょう。同じ接続詞を毎回使うと「機械的な文章」にってなり、感情が動かない文章になってしまします。

見出しは3〜4行に整える

3〜4行とは、少し文字数的には短く感じると思う行数だと思います。

3〜4行の理由は、PCとスマホとで表示させる見栄えの違いと、行数が多いと、さらに読まれない傾向が強いからです。

ブログ記事は上記でもお伝えしたと通り、読まれないことが前提です。

そんな中でも、見出しはどちらかと言うと、まだまだ、読まれる方なのです。

その読まれる見出しですら、行数や行間が多いと、更に読稀ないことに繋がるためです。

では、文字数は、何文字程度が、ちょうどおいう文字数でしかも、見出しの行数がみやすい文字数なのかと言いますと、

60文字以内くらいがいいです。

スマホ画面で、ちょうど良い長さがいいです。

スマホで文字量を見てみると、こうなります。

個人的にはPCでブログを書く際は4行で収めるのがオススメ。その理由は、「1見出し4行くらい」が「スマホ画面にギリギリ収まる状態」であるためだからです。

文章を削る方法と余計な単語を削除させる方法

  • 余分な装飾語を消しておく:ても、かなり、めっちゃ
  • 余分な接続詞を消しておく:なぜなら、理由は、
  • 余分な重複する言葉を消しておく

記事内文字の、黒太文字、赤太文字を活用

1見出しに1回、黒太文字、赤太文字を使うとを背景を塗ることもいいです。

理由は、「大切なポイント」を「強調したいポイント」、「オススメポイント」を伝えやすくできるだけではなく、文章に抑揚をつけられるので飽き飽きさせずに、読者が文章を読んでくれる可能性が高くなります。

ただ、やたらと黒太文字や赤文字、強調させるような装飾ではないこと、そして、黒文字だけ読んでもなんとなく、伝えられるような、文章のつなぎ方を意識することです。

やたら回りくどい表現をチェック

  • △:おすすめしない例
  • ピアノ教室に通っても音感、そして楽しさを体験できるような、楽しいグッズなんかあればいいと思う時があります。
    いくつかアイデアを考えてみたけど、いまいち考えがまとまらないんだよね〜〜
  • ◯:適切な例
  • ピアノ苦手な僕でも、音感をピアノグッズで体験できたらいいなと考えてたら、目の前に・・・。

ユーザーは常に「答え」や「期待」、「次の一文を読みたい」という願望があります。
考えさせる文章ではなく、ブログ記事を読んでてワクワクするような記事がいいですよ。

文章力は、「3ステップでできる」「21日間でできる」どちらが簡単そうに感じるかを読者に考えさせないことがとても大事ですね。いつもこんなことばかり考えてます。

同じ文末を何回も使わない

  • ×:不適切な例
  • ブログから集客するより、Twitterがとても重要です。なぜならTwitterは拡散力もあるので、ブログ記事から集客よりもTwitterからの集客からも流入を見込めるからです。
  • ◯:適切な例

ブログ集客するなら、Twitterがいいですよ。なぜならTwitterからも流入を見込めるからです。SEOで順位が下がった時にキツくないんですよね。

どちらが伝わりやす位ですかね?

恐らく「◯:適切な例」の方が、「なるほどな〜」と感じるんではないでしょうか?

同じ表現や、内容を記事内に2〜 3回繰り返すと、「あれっさっきも同じような内容が書いてあったな?」と人間味がない文章や飽き始める感情に感じるので気をつけましょう。

下記文末のバリエーションは参考になるので、今のうちに「保存」しておいてください。

文末の豊富なバリエーション

例:です、ます、ですよ、〜してくださいね、「。」「。」「‥」「?」〜しますね、〜だと思ってます、〜という感じ、〜かと、〜ですよね、〜かと思います、〜しましょう、

接続詞のバリエーションを増やす

プレップ法=PREP法で結論、理由、具体例、結論のこの流れ。

接続詞は 、いろんなバリエーションがあります。

以下参考にできると思います。

  • 理由:理由は、その理由は、根拠は、なぜなら、理由は1つ
  • 具体例:つまり、分かりやすく言えば、もう少し噛み砕くと、実際に、たとえば、具体的には、例えるなら、〜がいい例です。もし〜
  • 反論への理解:しかし〜、その一方で〜、もちろん〜、逆に〜
  • 再度結論:繰り返しになりますが、大切なのは、要というわけで、そのため、するに、おさらいです。

国内シェアNo1レンタルサーバー「エックスサーバー」です。
.comや.netなど大人気独自ドメインも利用できる国内最大級のレンタルサーバーです。

新規登録の詳細はこちら。◀︎

独自ドメインの新規取得、独自ドメインの移管いずれにも適用可能ですので、
ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

すでにご契約いただいている方も、今からご契約いただく方も全員おすすめです。
ぜひご登録ください。

当メディアでは、初心者の方に分かりやすく簡単にブログを始められる方法を紹介しています。

WordPressに使用される国内シェアNo.1サービス「エックスサーバー」の中の人が確実で信頼性の高い情報をお届けしています。

ブログをこれから始める方はこちらの完全ガイドをぜひご覧ください。

ブログの始め方・マーケティングやLP(ランディングページ)の作り方に関する、ご質問・ご相談はボクのツイッターDM( @bodyupdate54 )までお気軽にどうぞ!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる