話題沸騰!!「Clubhouse」初心者が知らないと損する まとめ9選

こんにちわ!
今日もオフィスから配信です。
私がクラブハウスを初めて約2週間が経過しました。
フォロワーも2Kを超え、楽しく利用させていただいてます。

利用してみて思ったのが、音声メディアの可能性を身近に感じることができてます。

将来、clubhouseも収益刺された時の、先行者利益についても語っていこうと思います。
まだまだ、日本では日が浅いクラブハウスですが、じわじわ成功事例も出てきているため、今からでも間に合うヒントを9つまとめました。

目次

プロフィール画像から見える印象

クラブハウスで視覚化で判断できる唯一のプロフ画像
画像ひとつで印象がガラリと変わります。

どんな方法が最適なのかをまとめてみました。

・アイコン最適化
・特徴をつける丸いアイコン
・目立つアイコン
・笑顔
・できるだけ顔写真を載せる。
・画像にワンポイントテキストを入れる

SNSのプロフひとつで「優しさ」「誠実さ」「頼り甲斐」などの印象が変わります。

自然にできるようになるといいですね。

人に役に立つというコンテンツを見つけられた。

roomを立ち上ゲルと分かるのですが、スピーカーさんやモデレータの方と話す時に、いくつかの悩みの相談を受けることがよくあります。

みなさんがどういう疑問を持っているのか?
いつの間にか悩み相談になったということもよくあります。

利点

音声だと悩みのツボがわかる
例えば、集客の悩みやroomの立ち上げ方がわからない。
自然とやれるようになる。
フォローの仕方など、色々な悩みがあります。

roomを立ち上げるとわかってきますが、自分で同じことを話すだけになってきます。
そこで、みなさんの声を聞くようにしてみたらいろんな悩みの相談になるroomになったこともたくさんありました。

特に参加してても発言できなかったオーディエンス(視聴者さん)の方に、「instaからDMしてね。」とか、Twitterのメッセージから質問を受け付けるようにしました。

すると続々、質問や悩みの相談が送られてくるんです。

SNSから声を聞く、それが音声メデイアのいいところは、直接声として届くことですね。
これは、マーケッターの原理原則に基づく体験がすぐにできます。

roomを立ち上げると、それが自然とやれるようになる。

今後は、収益化の方向としても先発組になる可能性を秘めていると感じます。

クラブハウス独自の特徴

・ライブメディア
・双方向のメディア
・収益化
・リサーチメディア
・繋がりたい人のroom

声の媒体を構築して。本音を聞ける
想像だけだと難しいから、ヒアリングして本音を聞ける。
信頼関係も構築でき、現場の声としてすぐに情報を取り入れることができる。

プロフィール添削など、インスタのDMを送ってくれる方が多い

場所を用意することで、戦略がはまり、エンドユーザーが今何に悩んでいるのかを気軽に聞ける

room部屋での大人数で発言できるタイミング

大人数のroomでの発言って、少しハードルを感じることってありませんか?
発言するにも、タイミングが掴めず、他の方の重複するかもしれないなどいろんな悩みってあると思います。
私もよくあります。タイミングが掴めない時。

そんなあなたのために、私が色々試して上手く行った時のコツをお伝えしますね。

まず、そのroomが、質問を受け付けている部屋なのか?を見定めます。

質問受付歓迎のroomなら、まずはHundUPしてスピーカーになる。

しかし、これだけですと、タイミング以前の問題で、話す準備ができてないとアウトです。

そのためにしておくことがあります。
・準備運動するために、おはようございます。でも話す。挨拶をする。
・言葉の発する準備をすると、スパッと話せる。

(テクニック)

・モデレーターの話でないというアピール
・マイクのオンオフを連続する
チカチカすると気づいてもらいやすいです。
反応があると嬉しい
拍手のタイミングじゃないけど、話ができるタイミングになる。
・リスナーの聞きたいことを代表し自己アピールをしすぎない
・自分が実は解決しているけれどリスナーの人たちがまだ解決できないような質問を投げかける。

(避けた方がいいこと。)

・自分の話や質問だけを話さない。
・自分だけ長い話をしない。

Clubhouseで自分を注目させたり、ピックアップしてもらえるようにするには?

・相性のいいroomを探す
・自分自身でroom立ち上げ、仲間を作る
・置き換える人を決める
・DMで声を聞き、roomをたちあげる
・声を聞き、その声を元にroomを開く
・入ってきた人たちに質問する。
・その声からroomを立ち上げる事を繰り返す。

clubhouseで人が集まるroomタイトルの工夫の仕方

いくつか私が実践した工夫をいくつかまとめてみました。
参考になると思います。

・DMからの悩みの意見を凝縮する
・繋がりたい人のroomタイトルを保存
・自分自身で主催してみる
・悩み+強みをプロフに掲載
・実践しながら知識やノウハウ保存
・既存のroom、どんなタイトルで人が集まっているんだろうかと見定める
・自分自身がいいなと思ったroomタイトルをコピペ
・自分に合うようにアレンジし、しっくりした文章で決める
・一人であっても全力投球することで、人が集まる
・きちんとやらないと、力抜けしていると、相手にバレる
・最初から上手に話せないは当たり前
・その人にとっていい時間や環境を作ってあげる
・テストをする、気楽にroomを立ち上げてみる
・いい文章に、触れる。
・マニアックの部屋で繋がりたい場合、マニアック的な専門用語を使い、深く狭くつながる
・私であれば話をします。少ないけど話が密になる。
・自分がいいな思うのはスクリーンショットにする
・大きな部屋で繋ぐ場合、初心者的なroomで集める

無名、影響力ない、どんどんチャレンジいく事で花開きます

まずなんといってもroomを立ち上げるべきです。
私も初めは緊張しましたが、立ち上げていくにつれ自然と慣れます

着々と誠実にやっていく、準備も必要だが、視聴者さんへ価値提供をする
仲間を作る地域性、街の名前だけでも親しみがある
コロナの影響でオンラインから、チームをオフラインで固める
オンラインで地域創生の方と繋がる。呼び込んでみる
情報収集しながら、地域の人たちとコラボし、イノベーションする

clubhouseでの時間の使い方

クラブハウスをするようになって、毎日のルーティンが総崩れし続けてます。
毎日更新のyouTubeや、ブログ、物販など行うことをしてますが、毎日クラブハウスを利用することで時間管理が大事なんだと実感してます。

最初、どのくらいの時間を管理していたのか?とよく聞かれますが、ある女性はこのようにいってます。

「子供の昼寝の時間、30分単発で短く濃くroomを立ち上げ、ゆっくり話すのではなく、早口で終わらせる。時間が短いから逆に参加者が多い」という、素晴らしい行動力ある子持ちのママさんもいます。

常にラジオ感覚で有益の情報をスマホでチェックしているそうです。
家にいるときはスピーカーでながら聞きしているそうです。
思いついた時に、隙間時間にroomを立ち上げてます。といった素晴らしい方もいます。

私も隙間時間に、ながら聞きしたりします
roomを立ち上げる時は仕事を早めに終わらせ、時間を決めて一気に放送します。

clubhouseの可能性

・よく人から聞かれることからアイデアが湧く
・本音を耳で聞ける
・本音具合の温度が実感できる
・悩みの深さが深い
・リサーチメディア
・ライブメディア
・マーケターの原理原則がクラブハウスにはある

clubhouseにはそれができる

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる