人が集まる人になるための10選

目次

①空気を読む

職場、バイト先、友人宅、イベント、レジャー、電車内、飛行機内、スーパー、百貨店、駅、レストラン、居酒屋、ショップ内、セミナー、教室、病院、公共施設、などTwitter、Instagram、Facebook、clubhouseなどSNS、様々なシーンで人が絡む場での空気感ありますよね。

あらゆるシーンでの状況や雰囲気から、その場で自分がどのような行動をとり、判断し、察することをいいますよね。 暗黙のルールなどが自然と要求されていることを読んで、把握しなければ、相手の気持ちを理解できるかが重要になります。

②自己開示する

好かれようとする考えはやめる
相手に好かれることが自己開示の目的ではありません。

自己開示はあなたが話せる範囲で、できるだけ小さな話題から始めることが良いです。

例えば、

・自分の弱点の話
・夢や目標の話
・健康やお金の話
・興味や趣味の話
・自分が怒ってしまうことの話

このように、自分を見せることで、相手も心を開いてくれる場合がほとんどです。
好かれるように話さなくても相手はあなたのことを分かろうとしてますよ。

③自然にいつも謙虚

謙虚な人のメリット・【行動】の特徴

謙虚な人には、行動が謙虚な人と性格が謙虚な人がいます。

行動が謙虚な人の特徴

①驕らない

心の中では自分の頑張りを認める
人前では感謝の意を示す。

②自分の非を認めることができる

自分の非を受け入れることができます。
他人に濡れ衣を着せることなどなく、失敗を次に活かすことができます。

③遠慮することができる

人からの提案に対しても遠慮をすることができます。

④空気を読むことができる

その場の空気を読むことができます。
発言できる場でもあえて他人に回答を譲るなどの配慮をします。

⑤礼儀正しい

性格が謙虚な人の特徴

①人に対して優しい

人に対してつに優しいということでしょう。
相手の立場、相手の心情、視野を広く持つ習慣
さりげない気遣いをすることができます。

②他人に見返りを求めない

自分がしたことへの見返りは求めません。
損得勘定がなく、純粋にギブする素直な気持ちがあります。

③自尊心が低い

自尊心が低く、変な思い込みを持ちません。
人からのアドバイスを素直に聞くことができるのです。

④常に冷静である

感情のコントロールが上手く、舞い上がることなく、どんなときでも冷静でいられるから、いつも通りの行動を取ることができる。

⑤計画性がある

心に余裕が持てるの計画性が、あるから、ギリギリの状態ではなく、他人に優しくすることできます。

④メールのレスを早くする

メールの返信がとにかく早い

これは、仕事のアウトプット能力が高いです。
理由は、仕事の優先順位が的確で明確になっているため、時間に遅延が起きない
私が仕事が「仕事が早いな!」という判断をする基準は、レスポンスの速さにあります。

⑤幹事・黒子役を進んで担う

他の人を際立たせるために陰から支えること

・引き立て役に徹する
・もり立て役に徹する
・裏方に徹する
・引き立て役に専念する
・もり立て役に専念する
・裏方に専念する
・縁の下の力持ちに徹する
・黒子役に徹する
・縁の下の力持ちに専念する
・黒子役に専念する

このように、黒子というのは劇の主役などに対する裏方の事ですから
黒子に徹するというのは裏方に集中してやりぬくって事を普通にできる人をいいます。

⑥挨拶のように相手をほめる

褒め言葉の「さしすせそ」を言うのがあります。

「さ行」から始まる5つの褒め言葉。
褒め言葉の基本の「き」とも言われています。

さ・・・「さすが」
し・・・「信頼しています」
す・・・「すごい」「素敵です」
せ・・・「センスが良い」
そ・・・「尊敬します」

このように相手が喜ぶことを普通に話せるようになりましょう。

⑦目の前の一人一人大事にする

目の前の人を、とにかく大事にして、喜ばれることをする。
幸せになる秘誌はこれしかありません。
このことは、これからの時代にこそ重要になります。

斉藤ひとりさんの言葉にもあるように、1万人の前でもたった一人に問いかける、話しかけるように一人一人を大事にできる人です。

⑧周りの人との共通点をさがす

“共通点”を急接近させ、見つけ出す

・似ている経験や境遇探す
・心から惹かれるものに探す
・相手が話やすい状況を探す
・趣味をカテゴリーにくくる
・反応が良い話を切り出す

話しやすい環境をつくり、相手に1つ1つの思いやりをすれば、
見逃すことなく相手の共通点が見つかりますよ。

⑨会話の際、相手に8割話させる

大切なのは「相槌」や「オウム返し」をすること。
相手を理解しようとする姿勢」を保つこと。
一般的な感覚としては、自分がしゃべる方が楽しいですが、自分がしゃべるのが楽しいとい思うなら、相手もしゃべるのが楽しいのかもしれない、と言う、相手の身になって考えてみることが大事。

⑩電車・バスで積極的に席を譲る

「優先席」が空いていたらあなたは座る? それとも座らない? 

日本の電車、地下鉄やバスなど公共交通機関には、今やほとんど優先席が設けられております。
対象は、高齢者や妊婦さんなどが優先して座ることができるルールですね。

日本以外の国には「席を譲る」という行為が道徳基準になっております。
国によって様々なと言うより、道徳、そして教育として考えられているため、日本も同じように見えますが、まだまだその点後進国なんですよね。それを普通にできている人は人が集まってますね。

いますぐに実行に移しましょう!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる