やったもん勝ち! 知ったもん勝ち! 毎日10分!文章力トレーニング方法5選

目次

①変幻自在の要約力を鍛える方法

TTPすすることも大事なのですが、10記事や、今日のニュースを要約するなどしてみるのもいいです。
特に日常の毎日の情報収集のついでに、WEBニュースの記事を集めてから短くまとめてみると。意外に簡単にまとめられます。

ニュース記事などを要約したら、最初はその部分を自分なり要約して、しばらきう時間をおいて、あとから見比べてみるなんてやり方も出来ます。

その場合、まとまった部分と、修正が必要な箇所が見つかります。

また、様々なジャンルを組み合わせることで初心者向にも、物事をわかりやすく伝える文章になることでしょう。

あえて自分がまったく知らないジャンルにチャレンジするか、自分の好きなジャンルで初心者向けの記事をブログに書いた後、要約したまとめをツイッターなどに投稿するのもいいかもしれません。私はこん方法を利用してます。実践編としておすすめです。

②唯一無二の構成力を鍛える方法

フレームワークを使ってライティングする。

文章構成力を鍛えるには、フレームワーク(型)に沿った書き方がいいですね。理由は、その型通りに文章の構成を当てはめると読む側、読者さんの感情が動くようにできているからです。

特にブログなど文字数が多い場合や、Twitterのように文字数制限などがある場合など、この型がしっかりをしているとうまく構成力が鍛えられます。

・どんな悩み

・権威性

・問題解決

・まとめ

この4構成でも十分なんです。

意外と、起承転結で文章を書こうとすると、結構ハードルが高いです。

そしてもう一つ重要なのが、「見出し」です。

3つの見出しでも十分な全体の構成が整っていきます。

特に初心者の方の場合、特におすすめです。

それぞれのつながりを意識し、構成力を鍛える良いトレーニングになります。

③迷わせない表現力を鍛える方法

文章表現力を鍛えるには、簡単な方法として、有名本や、名文家たちの文章を真似るのが一番最適で時間短縮できます。

自分のお気に入りの書き手でOKです。

表現力の一つである「比喩力(たとえ力)」も同時に鍛えられます。

例:これは、まるで◯◯みたいだ。
◯◯は過去に得た体験より◯◯だ。

こんな感じでTwitterなどでコメントをしてみましょう。。

読んだニュース記事を自分なりに要約し、比喩を交えた一言コメントをする。

情報収集のついでに要約力と表現力が鍛えられて一石三鳥ですね。

④サクサク語彙力を鍛える方法

この方法は、少し難易度は高いとの印象がある方もいると思いますが、すごく簡単です。難解な本などを読む必要がなく手軽にでき、鍛えることができます。

まず、語彙力の本を手にします。その本の中身には、ほとんどが語彙力に関する記事ですよね。

要約力を身につけた後ではなくても自由に、語彙力は効果を発揮できるため、語彙のストックを自分で増やす方法がおすすめです。

毎日1ページずつでも読んで、1つずつ新しい言葉を覚えていきましょう。

それを10個まとめるなどして、Twitterへツイートすることで、まとまるだけではなく、情報としてストックできます。

日本人の多くが間違えている言葉や慣用句は、意外なほど沢山あるので、とても需要はあると思います。

しっかりと正しい言い回しを意識的に伝えるようにするのがおすすめです。

⑤機能満載!速筆力を鍛える方法

タイマーをセットして10分間でできる限りの多くの文字数を書いてみる。

練習量や文章を早く書く経験が積み重なっていくと、ブログ記事を3時間かかったのに対し、2時間、1時間で書けるようになる大きなメリットが生まれます。

ある程度は速くなりますのでぜひやってみてください。

時間対効果が抜群です。

文章を速く書くトレーニングをするには、タイマーアプリなどで時間制限を設け、意識的に速く書くトレーニングをするのが一番です。

この方法を取り入れてみると、初めは、タイピングミスの連発ですが、叙情に慣れ始め、時間を気にするようになるので、タイピングの速さと文字数が増えとても合理的とも言えます。

どんどん書いて、習慣化してしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる