なぜ?ウォルトディズニーの「新しい何かをする思考」は、支持を得られるのか?

国内には、スタバや、ユニクロなど大手企業など、

様々な店舗がありますが、その中でも

ウォルトディズニーは、

なぜ?支持を得られるのか?

結論から言うと、

「新しい何かを」常に生み出しているからです。

目次

新しい何かをする思考

新しい何かを生み出すことができないと、現状維持のままで終わり、

現状維持のままだと、衰退してしまうのです。

その理由は、
ウォルトディズニーの理念である、
「現状維持では後退するばかりである。」から
きているものと言われています。

ディズニーランドはいつまでも
未完成であり続けると言われていますね。

きっと今後も完成しないことでしょう。
(と、多くの人は想っていると思います。)

ビジネスに置き換えてみてみると、

売り上げは今のままの状態で、
現状維持し続けてほしいと思いがちですが、
そのままでは、売上は減少するばかりですね。

ウォルトディズニーの、
「現状維持では後退するばかりである。」は、

これと一緒です。

現状維持では成り立たないことがわかります。

新しい何かを生み出す方法

新しい何かを生み出すことができないと、
現状維持のままです。

だから新しい何かをしなければ、
徐々に売り上げや集客が減って、
いつの間にか廃業や倒産になる

新しい何かっていうと、
何か「すごいこと」をしなきゃならない感じがしますけど、
そうじゃないんです、誰でもできることです。

 

例えば、そば屋さんがあったとします。

もう少し、売り上げが上がればいいなと思っていたとします。

店の前を歩いている人、一度きてくれたお客様、
もっと店に来てもらうためにはどうしたらいいかな。

って考える。

店頭に黒板を出してみよう。

すぐに、黒板を出してみる。

そこに、今日は寒いですね。

「こんな日は、アツアツの天ぷら蕎麦がおいしいです。」

「天ぷら蕎麦でお待ちしています。」

または、来店しておそばを食べてくれたお客様に、
もう一品追加でオーダーしてもらったら、
売り上げがプラスされるようになって考え、
そのためにどうしたらいいかテストする。

そばと一緒に食べると、
とっても美味しいそば専用おにぎりがあります。

遠慮なく追加してください。2個で200円。

そういうポップを各テーブルに置く。

これは、その店にとって新しい何かなんです。

これは実話です。

前年同月比よりプラスの売り上げです。

 

もう一つあります。

接骨院があります。

店の前にバス停がお店の話です。

いつも店の前にバスが停まる。
そのバスに乗ってる人に店の存在を伝えたい。

そう思った店のオーナーが、
バスの乗客からよく見える高さに看板を出す。

お客様の目線の高さにです。

「バスにご乗車の皆さんメモのご用意を。」

「毎日お疲れ様です。」

そしてしっかりと電話番号を書いておきます。

実は、これも新しい何かです。

このバスの看板から1ヶ月で新規のお客様、
月平均3人以上が来店してくれるそうです。

小さなことでもいいです。新しい何かをやってみましょう。

大きくなければいけないことはない。

進歩し続けない限りは後退していることになるのです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる