【副業】プログラミング初心者でも月10万稼ぐための学び3ステップ

こんなお悩みありませんか?

  • プログラミンングってなんか難しそう
  • プログラミングって本当に稼げるの?
  • エンジニア就職や転職も可能なの?
  • プログラミングで具体的に稼ぐ方法は?
  • おすすめのプログラミング言語は?

こんなお悩みを解決します。

私も初めは全くの”ど素人”からはじめました。

本業はWebマーケティングや、ブログで月200万稼いでます。

こんな私でもできた様々な疑問や悩みなどを解決できる記事をまとめました。

この記事を読み進めると、プログラミング未経験でも効率よく学べて、プログラミングで稼ぐ方法が手にとるようにイメージでき、今からでもすぐに実践できるようになりますよ。

実際にプログラミング未経験から月200万を稼ぎ、サラリーマンや主婦にでも、『実際に行ったプログラミングで稼ぐ方法』をお伝えしていきます。

目次

初心者におすすめのプログラミング言語は?

サラリーマンの多くが、副業したいと考えていると思うのですが、ネット初心者や、PC初心者におすすめのプログラミング言語はありますか?

はい、あります。

大きく分類すると、初心者の方がイメージしやすいように以下2種類に分けました。

  • ホームページ、Webサイトなどを制作するエンジニア(Web系エンジニア)
  • アプリを開発するエンジニア(アプリ系エンジニア)

なんでWeb系がおすすめなんですかね?

Webサイトの依頼にはどんなメリットがあるのかというと、Web系エンジニアであれば、作成、WEBで集客をして、広告やサービスを紹介してお金を稼ぐことだってできます。

Web系エンジニアであれば、初心者でもブログで稼ぐという選択肢も選べるようになるわけですね。

自分にできるか不安だけど、Web系のエンジニアで稼ぐことができるとならば、選択肢の中に入れておくのもいいかなと思いますね。だけど、まだ不安が残るな、ただ、どんなプログラミング言語を覚える必要があるのかを知りたいですね。

私が最初に覚えた言語は、

  • HTML
  • CSS
  • WordPress
  • Bootstrap

の4つくらいですかね。

※HTMLはマークアップ言語ですが、初心者に分かりやすいです。

この辺りをマスターするのがいいです。とっても早道になります。

こういった経験を積めば月10万円は稼げる可能性が出てくると思います。

未経験が効率よく学ぶ。プログラミング学び2ステップ

ここからはWebマーケの実績と経験がある私が、直接エンジニアに聞いた『効率の時間管理や、プログラミングを学べる2ステップ』を聞紹介しますね。

効率よく学ぶプログラミング学び2ステップ

  • プログラミング言語を勉強する
  • クラウドソーシングを活用して稼ぐ
  • プログラミング言語を勉強する

プログラミングの言語を勉強する

  • HTML
  • CSS
  • WordPress
  • Bootstrap

の4つを学ぶのが王道です。
これさえ覚えておいて問題ない言語です。

『まず、この4つの言語を覚えればいいです。』

そして学びながら徐々に理解できればプログラミング言語はOKなんです。

言語の使い分けをタイプ別にしてみましょう

  • Webサイトを製作するためなら ⇨ 『HTMLとCSS』
  • ブログ作成をするためなら ⇨ 『WordPress』(本ブログはWordPressです。)
  • オシャレなWebサイトを作るためなら ⇨ 『Bootstrap』

こうなっています。

(一言アドバイス)
※HTML、CSSはマークアップ言語になります。
初心者向けに、理解してもらうために解説しておきました。

ベテランさんは少し物足りなさを感じると思いますが、副業で、しかも初心者目線での解説を心がけておりますのでお許しください。

では、初心者さんには、次のような学びのステップというものがあります。

プログラミング言語の具体的な学びの③ステップ

基本的なWeb系のプログラミング言語を学ぶなら、まずはじめに、 『TechAcademy』の初心者にわかりやすいと評判の、はじめてのプログラミングコースがとてもおすすめですね。

何がいいかと言いますと、現役エンジニアがチャットでサポートしてくれます。

それだけではなく、面談だって週1回のペースで受けれてしまうメリットがあるんです。

順番としては、そこの順番が最も時短で、その次にWordPressコースを受講することが早道であります。

そして、最終段間で、最後にBootstrapの学びを、無料の『ドットインストール』で学日さえすれば間違いなくOKです。

ドットインストールなら“無料”でほとんど全てが学べてしまいます。
無料動画で学ぶことができるため、学んだらあとは実践あるのみなので、まずはをおすすめします。

(一言アドバイス)
独学はおすすめしません。
多少お金を支払ってでも、ベテランで専門家から学ぶ方が、実は最短距離なんです。なので、学べるプログラミングスクールを私は選ぶべきだと思います。

理由はと言いますと、実際に現場で働くエンジニアに聞いたところ、「はじめは独学だったけど、何から学べばいいのか結局優先順位もわからず、時間だけ虚しく無駄だった。」と言っていたのを聞いてたので、ストレスフリーでまずは、専門家から学ぶべきですね。

時間やお金が出せないなどの理由が一番成功からかけ離れる結果となるため、基礎をしっかり学んで、3ヶ月後には月10万円を、6ヶ月後には、2倍以上の稼ぐ力が身についていますよ。お金をかけた分、元以上のリターンは望めますね。

では、初心者向け、社会人向けに具体的な学ぶ時間はどれくらいかかるのか表で比較してみましょう。

(表)

表でもわかるとおり、トータルで3ヶ月でスキルが身につきWEBで稼げるようになっていることでしょう?

だいたい3ヶ月間あれば、Web 系で稼げるプログラミングスキルが身につきますよ。

もちろん人によって仕事が終わる時間や取り組める時間など、人によって確保できる学び時間はまちまちだと思います。

ですが、長くても4〜5ヶ月以内には終了させるのが望ましいです。

プログラミングの学びは、毎日学習しないとどうしても忘れてしまうので。スケジュールも決められるので、おすすめです。

クラウドソーシングを活用して稼ぐ

では、プログランミグで、稼ぐとは聞いているけど、実際どうやって稼いでいるのかをまとめましたので、続けて読み進めてください。

プログラミング言語を学習した後、クラウドソーシングという、実際に仕事を受注してお金を稼ぐことができるところがあります。

聞いたことがない方は、何か怪しんじゃないかとか、それ少し不安なんだと思う方も中にはいらっしゃると思うのですが、人から仕事依頼されながら稼ぐという、ごく一般的で、普通の働き方をオンラインでするだけなんです。

初心者の場合は、以下2つの仕事を受け入れる方がいいでしょう・

この中から、選んでいただき、経験を積んでいくのがおすすめですね。

初心者におすすめの仕事は2種類

  • (LP)ランディングページのコーディング:1ヶ月で10万〜20万円ほど
  • サイト作成をWordPressで受ける:2〜3日で3万

この2種類が初心者向けです。

案件をどこから受注すればいいのかをまとめました。

初心者でも依頼を受けやすく経験も積めて、株式上場もしている安心のランサーズと言うサイトに新規登録しうまく活用するのがおすすめなんです。

  • ランサーズとは?
    ランサーズは、日本最大級で最大手の株式上場もしているクラウドソーシングです。プログラミング関連の仕事が多いのが特徴です。

LP(ランディングページのコーディング)のお仕事やサイト作成の仕事依頼が見込まれますね。

「初心者でも本当にそんなに稼げるの?」と思われるかもしれませんが、プログラミングの世界はあなたが思う予想以上にぶっ儲かります。

よくプログラミングの案件を見ることができるのですが見てみると、週に7万円が平均ですね。

日給にすると1万と同じレベルです。

なぜこのように、稼げるかと言うと、まだまだプログラミングスキルがない人が多いためなんです。

依頼する人が多いのですが、その割に、受けられるプログラマーの人が比率的に少ないんです。

そして、なぜサイトやLPなどをあなたのようなプログラマーの人にお願いする、中小企業・個人営業などがいらっしゃるかと言うと、自分の仕事もやりつつWebサイト製作する暇もないので、どうしても依頼することになってしまうという理由があるんです。

では、どんなお仕事内容なのか見てみることにしましょう。

WordPressによるサイト作成のお仕事は。

全20ページで平均相場、20万円なので、1ページに付き、1万円になるんですね。

案件を月に5件ほど、いただくようになれば、月100万円レベルに到達します。
更に、受注件数が多ければ多いほど、時間も短くすることもでき、時間以外のご自身のスキルアップにもつながります。

月の平均受注件数が2〜3件をこなすことが徐々にできれば、その中から新たな時間が生まれ、その余った時間内にプログラミングの学習を並行して同時にすすめれば、6ケ月後には一人前のプログラマーとしてのスキルが身についている状態だと思いますよ。

プログラミング初心者のあなたにでもこのような経験を積んだら、就職・転職もありです。そうなってくると、とても有利になります。

副業・転職・就職にも有利になる。

初心者でプログラミングスキルを身につけると、どんなメリットがあるのかをまとめました。

  • 自分で稼ぐことができるようになります。
  • エンジニア転職の道が開きます。
  • プログラミングスキル向上ができ独立も可能です。
  • 『もっとスキルを伸ばしたい。』
  • 『自分にあっているかも。』

と感じたなら、早速プログラム言語とともに歩むことをお勧めします。

初めは何が何だかわからないのは、全て同じです。

そうであっても、かなり効率の良い、プログラミングを学べつつ、スキルアップできるような生活スタイルが望ましいです。

初心者で稼ぐ場合は通常、独学→初心者という標準的なステップが必要になりますよね?

エンジニア転職をすれば、すぐに『初心者』で実践できます。理由は、日常業務でお給料をもらいつつ学ぶことができるからです。

webマーケティング業界に就職しながら給料をもらい、その間にブログに関することを学び、そこから知識を活かしてブログで稼ぐことができるのです。

そして初心者で得た知識・スキルを生かし、会社に転職、就職した後、お給料も徐々に格上げに繋げています。

忘れないようにしたほうがいいのは、あなたが、「効率よく学べる環境に、そしてその環境に自分の身を置くこと」が重要なのです。

サラリーマンはプログラミングで月10万を目指すべきで、それ以上目指せます。

最後になりますが、「プログラミングをサラリーマンが副業でも、初心者でも月10万稼ぐための学びの2ステップ」をすぐに実践すれば、プログラミングスキルを身につけて誰でも月10万を稼げるだけではなく、エンジニアというキャリアを築くこともできます。

そして、最後にもう一度確認しておきましょう

  • 初心者におすすめのプログラミング言語は?
  • 未経験が効率よく学ぶ。プログラミング学び2ステップ
  • プログラミング言語を勉強する
  • クラウドソーシングを活用して稼ぐ
  • プログラミング初心者でも経験を積んだら、就職・転職もありです
  • プログラミングマーケティング会社に転職
  • サラリーマンはプログラミングで月10万を目指すべき

まずはじめにやるべきことは、

でHTMLとCSSを学ぶ

おススメしないことは、

  • 独学は学び時間が2倍以上かかります。
  • つまずいたときに教えてくれる人がいない。

繰り返しになりますが、独学は私の経験上でもおすすめしません。

今思ったと思うのですが、「じゃ〜。やるぞー。」と意気込んでも、人は怠ける生き物なので、どうしても後回しにすることが多いです。やる気のある今一番のときに確認するのがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる