借金2000万円から経営者に。
年商2500万円から人生転機の社長blog

オンラインサロンの作り方から収益化までの出口戦略の解説

オンラインサロン

どうも、マツケンです。

オンラインサロンを始めたいけと、作り方や、会員の集め方など、ハードルが高く自分でできるかとても不安!と思っている方へ、11年前からオンラインサロンを開設してきた実績から、初心者でも手堅くオンラインサロンが開設でき、集客や、収益にもなる戦略を開設します。

こんなお悩みの方におススメです。

・全く経験がない、
・自分に自信がない
・価値提供できるものがない
・SNSもよくわからない

など、そんなあなたにでもできるオンラインサロンの作り方を初心者さんのために開設します。

スポンサードサーチ

①オンラインサロンとは?

“オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティ(クローズド)の総称である。作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。また、アーティスト・アイドル、モデル、テレビタレント・アスリートのファンクラブとして活用される例もある。 ”
出典元:オンラインサロン(Wikipedia)から一部抜粋

②オンラインサロンの作り方と開設手順

STEP1:テーマとターゲットを決める

・誰に?

・何を?

・USP?

「どのようなサロンにするのか」コアコンセプトを決めましょう。

なぜ?サロンを立ち上げたかのWHY(なぜ?)を明確にし、ファンや会員様にビジョンを伝え共有しましょう。

オンラインサロンの事業計画もに時間をかけて、作り込んでおきましょう。

事業計画と言うと、難しく感じるかもしれませんが、シンプルに自分の行動がブレないように、書き込んでおくことをお勧めいたします。

STEP2:プラットフォームに登録

オンラインサロンのプラットフォームがあること知りましょう!

プラットフォームへの登録は事業計画があればスムーズに進められます。

STEP3:月額費用を決める

オンラインサロンの月額費用を当日集めるか、決済手段をWEBで行うかを決めてください。あまり高すぎても会員は集まりません。

月額費用は3,000円以内が一般的ですが、安すぎても、高すぎても収益化するのにコツコツ行うことがとても大事です。

集客予測を計画し、赤字にならない運営費として設定してください。

STEP4:いよいよサロンの運営開始

準備が整いましたら、サロンの運営をスタートします。

「日時、コンテンツのサロン内容、会費支払い方法などを詳しく告知文にお知らせする必要があります。

起業家サロンの場合、プレスリリースやプレローンチなどを利用し事前告知しておくことはとても参加率が高くなります。

STEP5:集客化・収益化する方法

オンラインサロンの集客は、

・Clubhouse

・ブログ

・SNS

・YouTube

・Facebook

・ニコニコチャンネル

・音声配信(Standfmなど)

オンラインサロンを入り口にして、サービスや商品の紹介もでき、サブスクリプションサービスなどを告知することで話の拡大されます。

スポンサードサーチ

③オンラインサロンは大きく4種類に分類される

・コミュニティ型
・ファンクラブ型
・プロジェクト型
・講座・セミナー型

コミュニティ型とは、

主に共通の趣味や目標などを持つ仲間が集まるオンラインサロンです。
仕事仲間や異業種交流、サークルや部活の場として活用されています。

ファンクラブ型は、

著名人や有名人と交流ができるファンクラブのような役割を担うオンラインサロンです

プロジェクト型は、

プロジェクトやスキルの習得、共通の目標や目的を持つ仲間が集まり、起業や資金調達などを目的にしたオンラインサロンです。

講座・セミナー型は、

コンテンツ情報などを交流共有するためのオンラインサロンです。

ZOOMセミナーや、会員限定情報なども共有さされたりします。

④オンラインサロンのプラットホーム

DMMオンラインサロン
手数料
売上の20%

CAMPFIRE Community
手数料
支援金の10%

note
手数料
売上の25%〜35%

Facebook
手数料
無料

Salon.jp
手数料
要問合せ

IDOBATA
手数料
売上の15%

Brain
手数料
100円から

music.jpオンラインサロン
手数料
要問合せ

LINE
手数料
無料

STORES
手数料
売上の3.6%〜5%

KIZUNA Online Salon
手数料
要問合せ

ニコニコチャンネル
手数料
事務手数料14%と消費税額を控除した金額から83%を分配

各プラットホームによって手数料金額は変動が生じます。

スポンサードサーチ

⑤Facebook グループ

Facebookページを作り、集客します。

面倒な作業は入りません。とてもシンプルに準備ができます。

⑥LINE グループ

公式LINEや、オープンチャットで集客でき、コミュニケーションが高いツールでもあります。

⑦オンラインサロンの決済システム

・銀行振込
・PayPal
・DMM オンラインサロン
・ストライプ

⑧まとめ

参加者のためのサロンということを念頭に入れ、収益の事ばかりを考えないで運営することがとても大事です。

メンバー同士の交流ができるためとても楽しく運営できます。

しかし、金銭が関わる場の提供のため、トラブルも起きやすく、解約されることもあるため、自社のコンテンツを日々アップデートし、最新の情報提供をするため、日々情報を仕入れることがサロンメンバーへのGiveに繋がります。

オンラインサロンのファン獲得&収益化を活用し、アナタのビジネスを成功させメンバーの成功を同時に達成に導いていきましょう!