借金2000万円から経営者に。
年商2500万円から人生転機の社長blog

自分でできる、会社の作り方をまとめ3選

起業

会社設立したいけど、自分でできるか不安だ、流れ 設立までの流れや電子定款も作り方がわからなくてとても不安。

 

 

1.自分でできる、会社の作り方をまとめました。
2.会社設立の流れ、全て自分でできる理由
3.会社を作る際に、注意すべき詐欺3つ

 

この記事では、低予算、短期間、依頼先、定款、登記など、全て自分で調べた結果を公表します。実体験に基づいてますので、参考になると思います。

スポンサードサーチ

1.自分でできる、会社の作り方をまとめました

 

会社設立する際、誰に頼むかです。

「会社を設立する」場合、「株式会社」という方が多いのではないでしょうか。

・株式会社

・合同会社

上記2選の検討でいいともいます。

理由としては、株式会社は、知名度や、ステータスで判断されやすく、
合同会社の場合、海外での設立がメジャーになっている点です。

例えば、

Amazon.inc.
Adobe.inc.

など、Amazonは株式会社ではなく、合同会社なのです。
アメリカでは、株式会社というより、合同会社という会社がほとんどです。

日本国内での合同会社には、

・手続きが合同会社の場合、簡単です。
・設立費用が安い。
・定款認証費(約5万円)
・登録免許税(約9万円)

メリットはコスト面と手続き面ですね。

 

スポンサードサーチ

2.会社設立の流れ、全て自分でできる理由

その①:基本事項の決定

 

POINT

・商号決定

会社の名前を決めます。

同一住所に同一の商号がある場合は登記できない。
銀行業でないのに「銀行」という文字を使用すること。
不正競争防止法等にも注意が必要です。

(注意点)
上記のように商業登記できない事例があるので重複しない会社名にすることが望ましいです。

印鑑作成

会社の代表印
登記手続きを行う際

私の場合、
銀行印鑑
実印
角印
社印

4点で十分でした。

・役員報酬額を決める

ここも心配無用です。
私は、税理士さんと役員報酬関しては、年商に応じて決めました。
当時年商2500万円だったので、役員報酬は、「月20万円」mに設定しました。
理由としては、将来借り入れをするときに、保証協会や、国庫などから聞かれる時の方法だったので決めました。

借り入れをしない場合、社会保険料金にも影響が出ることを考えれば、役員報酬を「8万円」までにしておくこともいいと思います。

・資本金額を決める

資本金を決めることも大事な要素となります。
私の場合、資本金を「1万円」に設定しておきました。
かっこよく、それ以上にすることも可能ですが、初めて会社設立するので、最初から資本金額増は考えてなかったからです。
「1万円」にした後、何か不利になったとか、取引に影響があったかと言うことは一切ありませんでした。

よく「資本金額=会社の信用力」と言われますが、取引相手によりますので、最終的には、「人」だからです。

そこまで大きな取引もなかったと言うこともありますが、ご自身でできる範囲内でよろしいかと思います。

「業種や資本金調達能力の意応じて検討する」でいいと思います。

その②:定款の作成

 

私は定款で悩みましたので、「テンプレート」を利用しました。
ネットで、いくらでも定款のテンプレートは落ちてます。

また依頼先の税理士や、行政書士、司法書士に依頼することも「あり」です。
※報酬に影響が出ると思いますので、お金がかからない方法で検討もできます。

その③:資本金の払込み

 

資本金は後に変更もできます。(変更時に別途登記費用もかかります。)

その④:登記書類の作成

 

登記書類は、私自身で作成することなどしませんでした。
全てお願いし、任せてました。
この作業をご自身で行うこともできると思いますが、時間対効果を考えると依頼することが、望ましいです。

その⑤:法務局への会社設立登記申請

 

ここで終盤に近くなります。
ほぼ全ての準備が整いましたら、ご自身で法務局に行くなり、依頼するなできますが、行政手続きさえ終えれば設立までの行程はほぼ完了と言えるとこまで来ていることと言えます。

3.会社を作る際に、注意すべき詐欺3つ

会社作ることが難しいと思わせるこの現代の盲点をついた手法がたくさん転がってますので、注意が必要です。
会社設立は思っているほど簡単なんです。

私も始めた、会社設立は難しく考えており、セミナーなど参加した経験もありました。(依頼しませんでしたけど。)
そこであなたが騙されないためにも、詐欺に関していくつかまとめましたので、ご覧ください。

種類としては、

その①:起業家向けセミナー
その②:怪しいコンサルタント
その③:高額な広告宣伝費
その④:投資詐欺

などです。ここで一つ一つみていきましょう。

その①:起業家向けセミナー

 

セミナー主催者は、騙そうと思っているわけではないですが、取れるところからお金をうまく取ろうと思ってます。
(これが詐欺なのでしょうけど)
会社設立だけをテーマにしているわけではないですが、セミナーさん費用は無料にしたりしているケースが多いです。

その②:怪しいコンサルタント

 

高額なコンサルタント料金を請求します。
契約に基づくものも多いですが、契約期間が短かったり、途中解約にもいくつかのハードルを設けてます。
私も何度も、参加した経験がありますが、メリットしか言わない傾向が多いです。
ただ最近がデメリットも、あえて伝えたりしながらうまく信頼を勝ち取ろうとするケースも増えてます。

その③:高額な広告宣伝費

 

私も一回騙されたことがあります。
交流会参加した時です。

主催者側のサイトに広告を掲載しますので、広告費用を請求された時もありました。
高額ではなかったものの、費用対効果など望めないもに投資をしていまいました。

その④:投資詐欺

 

投資は、株や、仮想通貨、インデックス、NISAなど並べるといくつも出てきますが、うまい話は表に出る前に一部の人だけにすでに情報が配信されているだけであって、終盤に向け情報があるような話はすでに遅い、古い情報だと言うことを肝に銘じましょう

起業すると色々な人物が周り集まってきます。

アメリカであった、有名な話で、「ゴールドラッシュ」という、有名な話があります。
金鉱に出稼ぎに行き、”金”を堀りお越し、一攫千金をと言う話です。

ここで、ビジネスの話に直結するのですが、
うまくいく人は、「金を掘る」のではなく、「スコップ」を売ると言う話です。

「スコップ」を売る人は「 金が掘れようが」「金が掘れまいが」関係ないのです。

「金を掘る人」に「スコップ」を売りつけただけなのです。

あなたも「金を掘る人」になるか、
「スコップを売る人」になるかです。

 

・行政書士の依頼方法
・定款テンプレート
・一通りの流れ
・行政書士登録
・準備するもの
・資金用意