【アカウント凍結(サスペンド)より怖いもの】起きたら取り返しがつかないです。

 

アカウント閉鎖(凍結)以上のもの

 

んにちは、マツケンです。

前回はAmazonアカウント閉鎖(凍結)について、
アカウントスペシャリストとのメッセージのやり取りを書きました

あんなもんです、Amazon様の上から目線は・・・

アカウント閉鎖(凍結)は確かに一度起きると大変な気持ちになりますね。

しか〜し、もっと計り知れないことがあります。

アカウント閉鎖や凍結より比較にならない事があるんです。

ここでいう比較にならない事とは、

・電車に乗り遅れたとか
・飛行機が悪天候のため飛べなかった、とかではなく

ニュースでも見かける”殺人”などを指します。

つまり

起きたら取り返しがつかないこと

です。

 

想像をはるかに超えているので
一度起きたら取り返しがつきません。

 

取り返せる・取り返せない

 

AmazonやeBayのように、
プラットフォームを無料で利用する物販の場合

アカウント凍結(サスペンド)は確かに起きると厄介ですが、
これは個人的には転んで取り返しがつくレベルです。

しか〜し、考えなければいけない事とは、

・PL保険
・空輸禁止商品

です。

これに引っかかると、
とてもじゃないけど
アカウントサスペンンド(凍結)どころではないです。

 

PL保険を利用するような時ってどんな時か・・・

 

PL保険を利用する場面とは
販売商品の瑕疵であったり、
消費者へケガを負わせたりした場合、
弁済請求があります。

弁済金額も数億単位になることがあります。
アメリカでは日常レベルです(大げさか日常って笑)

厄介なのは、製造者(メーカー)だけではなく
販売者が責を負うことがあります。

 

空輸禁止商品(事故った場合など)

 

・空輸してはいけないものを空輸して事故になった場合ってどんな時か・・・

空輸してはいけない商品を送った場合も
結果、航空機事故などが起きれば当然・・・

その荷物を預けた人(送り主)が何かしらの弁済になります。

まさに起きたら取り返しがつかないものです。

PL保険を利用する場面に関しては
PL保険に入っておけばまだ良いですが

(厄介者)空輸不可荷物です。

普通に空輸不可の荷物を空輸したり
実際にしたりしている方がいらっしゃいます。

(あなたも知らずにたまたま商品を空輸した時もあった事でしょう)

サスペンド(凍結)したらどうしようと、
考える事は確かに酷なことです。毎日ビクビクしたりしても
実はPL保険空輸禁止に関しては
あまり深く考えていないのは・・・

普通に考えておかしいです。

今一度見直しを・・・

▶︎こんなサービスも開始しました。
Amazonサスペンド解除代行業務サービス

それでは、また!

本日も、最後までお読みいただき
誠にありがとうございます!