個人使用目的と商用目的の違い

こんにちは松井です

配送依頼する場合

個人目的か商用目的かを問われる場合があります

発送した荷物についてヤマトより「個人使用」「商用」かの確認お願いがきます

 

商用目的の理由・発送先住所が 会社や店舗/事務所

 

会社名や屋号がなくても会社関係先などと思われた場合、電話番号検索する場合もあります。

「◯◯会社という会社が該当します。住所も同じ住所です。」と連絡があります

 

発送リクエストは個人使用でしても商用目的になるようなので注意が必要です

 

=================================

では商用目的の場合は何が違うのでしょうか?

=================================

 

商用で会社で決済を行っているという事であれば、会社名での申告になるからです。

正式な会社名がございましたら、英名で教えてくださいますよう、にとお願いもきます

個人使用で間違いがない場合、個人宅宛てに発送先となります。

住所、郵便番号、会社番号ではない個人の電話番号を伝えることになります

個人使用というのは、あなたが使用になるということになります。

 

☆★個人使用と商用目的の注意点☆★

 

1. 家族や友達との共同購入代理購入転売又はプレゼント「商用」に該当いたします。2.「個人使用」目的の場合は、「個人自宅のご住所」が必要になりますので、会社配達をご希望の場合「商用」に該当しますのでご注意ください。

3.食器・台所用品・医療機器などは「個人使用目的」のみ発送となっております。個数又は重量制限がございますのでご注意下さい。

 

 

国際便はここが特に重要

 

ヤマト運輸は一度商用で申請しますと、

今後あなたのこの住所宛の発送が全て、

申請が商用扱いになってしまうということです

 

相応の理由が無い限りは、個人使用の申告を認めてもらえなくなりますのでご注意したほうがいいです

 

通関事故につながらないように、申告は正しくしておきましょう

 

個人使用目的で配送料が安く済む方法もあります。

詳しくは公式メルマガで配信してます。

(解除も自由に簡単にできますので気軽登録してみてください)

公式メルマガはこちら⇨ 松井ケンタの公式メルマガ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

読者が稼げてる物販ブログ運営者

サラリーマンでいながら
隙間時間を利用し、
副業でわずか1年で
年商2000万円突破
した、
50歳元ブラック企業会社員の
物販成功ブログ

ネットビジネス初心者さん向けに
雇われなくても稼ぐ力が身に付く
記事をメルマガ(無料)やブログで
本気で紹介してます。

・2015年 6月 物販本格スタート
・2015年 8月 月商100万円達成
・2015年12月 月商200万円達成
・2016年 6月 年商2000万円達成

現在、物販外注化システムを構築し、
物販とYouTubeで月収200万円以上稼ぐ

・ネットビジネス運営
物販でサラリーマン、主婦向けに
"0から1"の収益基礎作りを教える、
物販起業家育成スクール運営者であり
初心者向け勉強会や実践会などの
セミナーを開催してます。