仕事も夢も人生も
自分で選択できる生き方blog

個人輸入ビジネスで成約率を上げるために知っておくべき3つの法則

Amazon

こんにちは松井です。

成約率アップする方法として3つお伝えします。

知っているようで意識をする、しないで売上に影響があるので最後までよく読んでくださいね。

 

 

成約率を上げるために知っておくべき3つの法則

 

Amazonでは同じ商品を扱って同じ説明文だとしても販売する【タイミング】が違うと売上に大きく影響してきます。

 

販売のタイミングを間違えてしまうと本来であれば売れるものも売れなくなってきてしまいます。

逆に言えば、

タイミングさえ良ければ案外高く売れてしまったなんてこともよくある話です。

 

タイミング

 

タイミングを意識するかどうかでかなり売上も変わってきます。

今回紹介する輸入ビジネスについてですが、

ターゲットに合わせた時間帯」について考えてみてみましょう。

 

そこでまず一つ目が

1、曜日です。

土曜日の夜がかなり売れ行きがいいですね。

そのほかには、

月曜日、金曜日の夜もいい感じです。

 

土曜日に関してはお休みの方が多く家でゆっくりしている方が多いので想像がつくかと思います。

ただ、月、金に関しては以外にも案外売れます。

なぜ月曜日と金曜日が売れるのかは実はわたしも把握してないため知っている方は是非私に教えてください。

ここまでが曜日です。

 

 

もう一つ大事なのが「時間帯」です。

 

2、時間帯「曜日」の次に「時間帯」の方がより重要なんです。

まずはターゲットを見てみることにしましょう。

 

 

・サラリーマン

⇒通勤時間朝・夜の通勤時間

朝7:00~9:00

夜17:30~23:00

 

・学生や若年層

⇒通学時間

朝・夕方の 通学時間帯

朝8:00~11:00

夜17:30~25:00

 

・主婦層

⇒主人や子供が出かけた後の時間帯

朝の10~夕方16時

 

ターゲット別にみてみるとマーケティング力も向上し売上も上がるためセラーとしては必ず認識するべきポイントです。

 

最後に3つ目

 

3、誰かの為に購入するターゲット層です。

これは一番重要視したほうがいいですね。

なぜかと言いますと財布の紐が緩い層だからです。

どのターゲットかと言いますと、
子を持つ親や孫を持つおじいちゃんおばあちゃんです。

売上げが爆発するマーケットなんです。

 

商品はお孫さんのためになるようなもの

例えばおもちゃ関係、ランドセルとか入学式に揃えたりするもの。

 

季節商品と似たりもします。

時間帯はやはり小さなお子さん向けの商品なので、

「平日や祝祭日の13時から16時まで」ですと売れ行きがいい感じですね。

 

通勤通学、家事の合間などちょっとしたスキマ時間での購入するといった場合よりも、家族がいる時間帯とデパートなんかで家族で買い物に行く、その商品選びをする時間が購入率がアップしますね。

 

つまり扱っている商品の購入者層がどんな人たちなのか

 

どんな生活スタイルを送っているのかを考えていき商品を出品していきますと、
購入される確率もグンと上がって行きますので意識してみてください^^

 

ご質問・相談等ありましたら

こちらよりご投稿してください。

⇒https://lip-ex.com/rg/15078/52/

また、

すでにご質問頂いている内容については、

順次回答していきますので、

これからもブログをお読みいただければと思います。